壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

ニュースやTVの話題から 料理作ってみた

「あさイチ」紹介のショコラショ(ホットチョコレート)を作ってみた。甘すぎないビターさがオイシイ

投稿日:2019年1月29日 更新日:

チョコレート界の王様

NHKあさイチ(2019年1月29日放送分)にて、著名なパティシエであるジャン=ポール・エヴァン氏を招いてチョコレートのレシピを2つ紹介していました。

紹介されていたレシピは以下の2点。

  • トリュフゆず(ゆず風味のトリュフチョコレート)
  • オリジナル・ショコラショ(ホットチョコレート)

ゆずトリュフは大変美味しそうだったのですが、実際に再現するにはそれなりに手間がかかりそうです。

そこまで手間をかけてる余裕がなかったので、もう一つのショコラショの方を作ってみました。単なるホットチョコレートですので、さほど難しい事はありません。おやつの飲み物に丁度良いです。

(追記:ゆずトリュフの方も挑戦してみました → こちらの記事)

おやつにショコラショを作るよ

紹介されていたレシピの分量は牛乳を500ml使う5杯分の内容でしたので、約半分の分量にアレンジしました。元のレシピから以下のように変更しています。

  • チョコレート(カカオ80%前後のもの) 75g → 40g
  • カカオパウダー 10g → 5g
  • 牛乳 500g → 250g

何故チョコレートが40gという半端な数字なのかというと、丁度イオンで買ってきた安物板チョコが40gだったからです(苦笑)

カカオ70%のビターなチョコなのでうってつけでしょう。これを包丁で粉々にします。

これを5gのカカオパウダーと合わせます。カカオパウダーは業務スーパーで売ってたココア(砂糖・ミルク抜きのカカオだけの物)です。バンホーテンココアとかでもいいんですけどね。

created by Rinker
バンホーテン
¥3,280 (2019/11/23 05:05:47時点 Amazon調べ-詳細)

材料準備完了。牛乳を鍋に入れ、火にかける前の冷たい状態のうちにチョコも入れます。

泡立て器で細かく混ぜて空気を入れながら強火で熱していきます。手を抜くと焦げ付きそうなので気が抜けません。

しっかり沸騰させるのがポイントだそうなので、しっかり沸騰させました。こうする事でカカオの味が引き立つらしいです。

煮立ったところで大きめのカップに移し、さらに泡立て器で空気を含ませてやります。これもポイントだそうです。

最後に愛用のマグカップに移してやりました。

これで完成です。手順自体は特に難しい事はありませんね。

味の感想ですが、カカオ70%のチョコを使っている事とカカオパウダーを入れている事もあり、甘みを控えたビターな味わいです。以前とあるドーナツ店で飲んだホットチョコレートは死ぬほど甘かった記憶があるのですが、これは甘すぎなくてとても飲みやすいですね。コーヒーの代わりに日常的に飲んでもいいような感じではあるのですが・・・やはりチョコレートですのでそれなりにカロリーがあります。飲み過ぎはちょっと危険かと。

それとおそらく一番厄介なのは、作るのに使った鍋の掃除になりそうです・・・(結構こびりつくねこれ・・・)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-ニュースやTVの話題から, 料理作ってみた
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル