壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

プラモデルの話

ボトムズ模型作品展「百年戦争記2020」を見物してきました

投稿日:2020年12月5日 更新日:

ボトムズオンリーの模型展示会ふたたび

ボトムズオンリーの模型展示会、ボトムズ模型作品展「百年戦争記」が今年も開催されましたので、見物してきました(公式ホームページ→こちら

本当は今年の6月に開催予定だった展示会ですが、昨今の社会情勢に伴い12月に延期になりました。それでも無事開催できたというのはありがたいことだと思います。

会場が門前仲町と言うことで、前回より自宅から近くて私的にもありがたいです。

会場は密でした(苦笑)

前回は大変こじんまりとした会場でしたが、今回はそれに比べるとだいぶ広くなりました。また純粋に展示だけだった前回と違い、今回は一部メーカーさんの販売・展示ブースも設置されています。

ちょいプラのスコープドッグって実物は初めて見たのですが、思ったよりも小さいんですね。

あと限定品の「レッドショルダーカレー」を売っていましたので試しに一個買ってきました。これは後日食レポします(笑)

物販展示は本当にオマケという感じで、少ししかありませんでした。そりゃまあ作品展示会がメインですからね。

展示はこんな感じで、まあそれなりに密です。仕方ないですわな。底冷えのする雨天の土曜日だからこの程度で済んでいるのかもしれません。

※撮影した展示作品の写真をこちらにまとめてあります(※アマゾンフォトのアルバムに移動します)ピンボケや手ぶれはご容赦下さい。
※何故かアマゾンフォトにアップロードすると撮影日情報が消えてしまってファイルの順序がめちゃくちゃになってしまいました。何とか修正しようとしたのですがどうしても直ってくれないのでそのまま置いてあります。見づらくてスミマセン。その代わり画像の容量は極力少なく抑えて枚数を増やすようにしました

やっぱり大スケールでしっかり作り込まれた物や、ジオラマでストーリーを感じさせる物は見ていて引き込まれますね。

アマチュア作品の他に、今回は大河原先生がデザイン段階で検討用に作成した試作模型と、タカラ1/24スコープドックのテストショットが展示されていました。

タカラのスコープドックは名作中の名作ですが、あれの設計した方って今は大学で教鞭をふるっていらっしゃるんですね。全然知りませんでしたよ。

今年はホビーショーなども軒並み中止になり、こういった展示会も少なくなってしまいましたが、久々に他の人の作品を直に見ると創作意欲も沸いてくるというものです。

来年はもう少し状況が改善してくれると良いのですが。







-プラモデルの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル