壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

プラモデルの話

サンキューマートのヘアアイロンでランナープラ板作りに挑戦してみました

投稿日:2020年12月17日 更新日:

サンキューマートこの冬の目玉商品だそうです

100円ショップならぬ390円ショップの「サンキューマート」というお店があります(公式ホームページはこちら

ここのオリジナル商品の「折りたたみ撮影ボックス」は私も購入して試してみたことがありますが、サイズが小さいという欠点を除けばかなり良く出来た商品でした(余談ですがこの撮影ボックスは最近雑誌の付録になったことで話題になっていますね)

created by Rinker
¥500 (2021/04/16 20:43:19時点 Amazon調べ-詳細)

さて、先月発売になったという新商品に「ヘアアイロン」があります。かなり力を入れて企画・販売されておられるようで、近所のサンキューマートへ行ってみたら大量に売ってました。

もちろん1個390円(税別)です。早速一つ購入してきました。

本来の用途に沿って髪に使うことも出来ますが、私の狙いはそこではありません。

これでランナープラ板を作るのです!!

ランナープラ板を作ろう!

プラモデルを作ると必ず出るゴミ、といえばランナーですが、最近は3mm軸を接続に使うプラモデルが増えてるおかげもあって活用の機会が増えています(ランナーは3mm径の物が多いのです)

そこから一歩進んだ活用法で、ヘアアイロンを使ってランナーを溶かしプラ板にしてしまうという物があります。

そんな面倒なことをせずとも製品として売られているプラ板を買ってくればいいじゃないかという意見もありますが、ランナーを使う良い点はリサイクルという観点の他に、プラモと同じ材料を使っているという点があるのです。

プラモと全く同じ色同じ素材のプラ板材料を入手できるわけですし、クリアランナーを使って作れば透明パーツの加工も可能です。

最近はUVライトに反応して光る素材の透明パーツもありますので、そういったランナーを使えばUVライトで光るプラ板を作ることも出来るのですよ!

この手法自体は以前からあるのですが、ヘアアイロンをわざわざこのために買うというのは費用対効果的にイマイチ良くありませんでした。

created by Rinker
SALONIA(サロニア)
¥2,943 (2021/04/17 00:45:38時点 Amazon調べ-詳細)

↑今日(2020年12月17日)時点のアマゾンのベストセラーヘアアイロンを検索してみました。

わざわざランナーをプラ板に加工するために3000円ほどのヘアアイロンを買うというのはちょっと気が引けます(苦笑)

ところがサンキューマートならそれがたったの390円(税別)ですよ。この値段なら試しにやってみようという気になるというものです。

というわけで商品レビューです

なかなかしゃれたパッケージです。

サンキューマートはコストダウンのために簡易的な梱包の商品も多いのですが、この商品はこういうところにも力を入れているようです。

温度は190度と書かれていますので、プラ素材を溶かすには十分なはずです。

パープルを購入しましたが、商品の方もしっかりしています。

スイッチは少々強度的にイマイチな感じもしましたが許容範囲です。コードの長さは1メートルありましたのでこれも十分でしょう。本体の全長は17.5cmほど。本格的な物に比べればコンパクトな作りです。

説明書によると消費電力は20Wとのことでしたが、実測してみたら28W程でした。まあこれも許容できる誤差でしょう。

それでは早速ランナープラ板づくりに挑戦してみます。

ランナーを適当に束ねて接着したものを用意して……

十分に暖まったヘアアイロンでプレスしてやります。

少し時間はかかりましたが、徐々にランナーが溶けていき……

出来ました。

いやぁ、結構しっかり作れるものですねぇ!

強くねじってみても全く外れません。ちゃんと一体化しています。

今回は圧着具合が分かりやすいようにカラフルにしてしまいましたが、単一色でプレスしてやれば素材作りとして十分に役立つと思います。

これはますますランナーが捨てられなくなってしまいそうですね……







-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル