プラモデルの話

クレオスのウェザリングカラーとエナメル塗料の重ね塗りの話

投稿日:2020年3月18日 更新日:

ウェザリングカラーを試して見ましたが・・・

私は古い世代のモデラーなのでウェザリングや墨入れには昔ながらのエナメル塗料を使うやり方を続けていました。

べつにこれで大きな不満があったわけではないのですが、ふと思い立ってクレオスのウェザリングカラーに手を出してみました。

使ってみるとなかなか便利で、最初から手頃な濃度になっているというのは手間がかからなくていいですし、プラを割る心配が少ないというのも良いですね。

塗料の性格としてはエナメルに近いものだそうですが、油彩系ということで溶剤の匂いがほとんどしないのも好印象です。

ですがちょっと失敗です

今回緑色系のロボットを作っていたので(こちら)、墨入れの後に部分的に緑色のフィルタリングをして調子を整えてやろうと思いました。

で、グランドブラウンで墨入れをした後に、フィルタリングカラーのフェイスグリーンを上塗りしてみたのですが、塗った途端に墨入れに使っていたグランドブラウンが流れ出してしまいました。

乾いた後なら重ねても溶けにくいと聞いていたのですが、全然楽勝で溶けてしまいましたよ。トップコートで保護しなきゃダメでしたか。

ここはちゃんと塗り重ねのポイントを調べておいた方がよさそうです。

エナメルとの重ね塗りを試します

エナメルとの重ね塗りも含めて、塗料の性質を把握しておくことにします。

まずプラ板にエナメルとウェザリングカラーで線を引きました

上がエナメルのブラック、下がウェザリングカラーのグランドブラウンです。

よく乾かしてから、別の塗料や溶剤を筆塗りしていきました。

①フィルタリングカラー・フェイスグリーン
エナメルは溶けない、ウェザリングカラーは溶けた

②ウェザリングカラー専用溶剤
エナメルは溶けない、ウェザリングカラーは溶けた

③エナメルカラー(タミヤXF-55、デッキタン)
エナメル、ウェザリングカラーともに溶けた

④エナメル溶剤(タミヤ、X-20)
エナメル、ウェザリングカラーともに溶けた

⑤アクリル溶剤(タミヤ、X-20A)
エナメルは強く擦れば溶ける、ウェザリングカラーは普通に溶けた

結論です

要するにウェザリングカラーはエナメル溶剤でも専用溶剤でも普通に溶けるということが分かりました。完全乾燥しても専用溶剤で溶かせます。

一方でエナメルカラーはウェザリングカラー専用溶剤では溶けない、という結果でした。ウェザリングカラーのほうが明らかにエナメルよりも弱いということですね。

まあ、すぐに溶けてくれるおかげで、はみ出し箇所の拭き取りは楽でした。すぐ拭き取れます。

一方でエナメルの方が塗面が強いですので、もし重ね塗りをするのならエナメルを下に、ウェザリングカラーを上に、ということになります。

今回の私の作業の場合、エナメルで墨入れをした後にフィルタリングカラーを上塗りするのならOKだったわけです(それでやり直しました)

とにかくウェザリングカラーはエナメルよりもさらに弱い、一番最後に塗るべき塗料だということです。これを生かせば、例えばエナメルで汚しや墨入れをやった後にその塗面を崩さないようにさらに汚しを足したい、なんて使い方には役に立ちそうです。エナメル塗面をクリア保護しなくても重ねられます。

ただ、それだけ塗面が溶けやすいとなると、仕上げのクリア吹きには少し悩むところです。

今回、私は水性ホビーカラーのつや消しクリアーを使って仕上げたのですが、普通に吹いても溶け出しはしませんでした。砂吹きはせずにしっかり塗料を乗せたのですが大丈夫でした。

ラッカークリアーを使う場合はもう少し気を使わないとダメかもしれませんね。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル