スタートレック

スタートレック:ピカード第九話「理想郷(前編)」あらすじとか状況整理とか感想とか

投稿日:2020年3月20日 更新日:

最終回(前編)開始!

スタートレック・ピカード第9話の配信が始まりました。

最終回は前後編。

おかげで今回は結構いいところで次回に続くになっております・・・

(以下、いつも通りのネタバレです)

第9話のあらすじ

グリオン星系第4惑星、ソージの故郷の星はコッペリウスと呼ばれていた。

尾行してきたナレクの船と戦闘になる中、再生キューブがワープアウトしてくる。しかし惑星の防御システムに捕らわれ船はパワーを失い、惑星に不時着させられる。その際一時的に昏睡状態になったピカードは、皆に病気のことを明かす。

一行はまず同じように不時着した再生キューブへ向かい、エルノアとセブンに再会する。ブルーの死を悼むピカード。キューブの長距離センサーを復旧させロミュラン艦隊の詳細を知る。

ソージの故郷「コッペリウスステーション」を訪れた一行は、アルカナというシンスの歓迎を受ける。そしてここにはデータの生みの親であるスン博士の、その息子も滞在していた。

ジュラティ博士がオウ准将に見せられたビジョンをスートラ(ジャナの姉妹のシンス)が精神融合で読み取り、スートラは「警告の輪」の本当の意味を知る。

一方、不時着していたナレクもシンスに捕らわれ、入植地へ連行されてくる。

ナレクと再会したソージは激しく動揺するが、スートラの策略でナレクは逃亡。その際にサーガというシンスが破壊される。これによりシンス達の有機生命体に対する不信感が決定的になってしまう。

人工生命の連合体を呼ぼうとするスートラを何とか制止しようとするピカードだったが、彼の声は届かず、ピカードは監禁される。

オウ准将率いるロミュラン艦隊が、あと24時間の距離に迫る・・・

情報を整理してみる

  • ロミュラン艦隊は218隻のウォーバード!
  • コッペリウスステーションには大勢のシンスが暮らしている
  • 今回登場したスン博士はデータを作ったヌニエン・スン博士の息子でアルタン・イニゴ・スン博士
  • ジャナの姉妹であるスートラはバルカン文化に詳しく精神融合も習得している
  • 警告の輪の正体は人工生命の連合体がシンスに向けて送ったメッセージだった。その中には連合体を呼ぶための方法も含まれていた。
  • 人工生命の連合体は時空を越えて存在し、人工生命が危機におちいったら助けに来るという。だがそれはシンスと有機生命体との戦いを意味していた
  • スン博士とマドックス博士が研究中だったアンドロイドへの精神転写をジュラティ博士が引き継いだ(たぶんこれ伏線)

今回の感想

再生キューブがワープアウトしてきてオオッ!!と興奮させられたものの、速効で無力化されてちょっとションボリです(苦笑)

でもボーグキューブの大気圏突入シーンとか、地上に落ちた状態というのはこれまでなかったシーンですね。こういうSFならではのビジュアルが新規で見られるのは素直に嬉しいです。

惑星の防御システムは数こそ少なくて大艦隊には対応できないものの、ボーグキューブの動力すら奪ってしまえるというのは凄いです。

それにしてもまだこれだけの大艦隊を送れるということは、母星を失ってもなおロミュランは一大勢力なんですね。

最初吹き替え版で見ていましたので、大塚芳忠さんのお声が聞こえ始めたところでスン博士の登場にはすぐピンときました。でもこれ息子という設定なんですね。

今回ピカードが病気のことを明かしたことで、なんだか別れのシーンごとに「後は君たちに任せた」的な雰囲気が強調されてたんですが、これはなんとなくミスリードな気がします。精神転写なんて技術が突然出てきましたので(苦笑)不治の病のピカードの精神を移し替えるとか、そんな展開になるんじゃないかしら・・・

ピカードが連邦に連絡を取ろうとしてましたが、もう連邦からは相手にされてないようですね。DS12に艦隊を送るというのも司令官の嘘なんじゃないかしら。のこのこDS12に行っていたら捕まっていたのかも・・・罪状はいくらでもあるし。演説のシーンとその後のスン博士の言葉とか、今回はピカードの無力さがこれでもかと強調されていて悲しくなります・・・

あと、時を超えて存在する人工生命の連合体ですか・・・前々からなんとなくそんな気はしていたのですが、なんだかディスカバリーと話が繋がってきそうな気配です。あれも人工頭脳との戦いでしたし。こうなってくると次回唐突にディスカバリーが登場してシーズン2に続く!ってなっても驚きませんぞ(苦笑)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-スタートレック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル