壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

フラットバーロード

25C化は何故進む?【ロードバイクのフラットバー化Part27】

投稿日:2018年12月9日 更新日:

太くなるタイヤ

少し昔、ロードレーサーは細い23Cのタイヤ、クロスバイクは25C以上の太めのタイヤ、というのが普通でした。

速く走る事を追求したロードレーサーが軽くて細いタイヤを使い、街乗りの安定性を求めるクロスバイクは太めのタイヤを履くという状況は、イメージ的にも理屈的にも合理的な組み合わせだと感じます。

ところが近年、ロードレーサーにおいて25Cが一般化してきました。

クロスバイクがロードレーサー寄りの設計にシフトしてきていたりする中で、なぜかタイヤだけはロードの方がクロスバイク側に歩み寄っているような形です。

25Cのメリットとは

最近盛んに言われているのは、25Cにすることで転がり抵抗が低減されるという点と、空気抵抗が抑えられるという点でしょうか。もちろんグリップの増加による安定性の向上は言うまでも無いことです。

でもタイヤの幅のわずかな違いで起きる転がり抵抗や空気抵抗の違いなんて実感できますか?

少なくとも私には無理です。なんか物凄く後付けの理由のような気がします。

タイヤやリムの重量の変化の方が感覚としては分かりやすいですね。重くなるとやっぱり登りがきつくなります。空気抵抗についてはタイヤ変更するよりホイールをディープリムにした方がハッキリ分かりますね。初めてディープを履いたときはこんなに違うのかと驚きましたよ。

グリップの変化による安定性、これも分かります。やっぱりタイヤが太い方が安定します。サイクリングロードで舗装が突然途切れて砂利道になったときに、25Cだとそのままガーッと突っ切れたなんて経験もありますし。細いタイヤだとやっぱり砂利道はキツいですよねぇ。

なぜ25Cを推してくるのでしょう???

街乗り重視にしたフラットバーロードならともかく、やっぱりロードレーサーは23Cの細くて軽いタイヤがよく似合うし、速く走るという目的にも合っていると思います。やっぱり軽さは正義です。

空気抵抗で考えても、今どきのエアロロードなんて正面から見たら線のような細さですよ。太くする方向に変更するというのには何となく違和感があります。

やや陰謀論めいていますが、メーカー側がそろいもそろって25Cを推してくるのには何か他に理由がありそうな気がしますね。

メーカーの行動として一番分かりやすいのは「新商品を売るため」の行動ですが、新規格の普及を狙うのなら兎も角、単なるタイヤのサイズ変更にそれほどの売り上げメリットがあるとは思えません。

ここから先は単なる私の想像でしか無いのですが、ホイールの多段化(特に10→11速)と、完組ホイールの少スポーク化による足回りの剛性の低下が少なからず影響しているのでは無いかと考えています。剛性の低下を補うためのワイドリム化とそれに伴うワイドタイヤ化、と考えた方が腑に落ちると思うのです。

私は10速用のデュラホイールを使っていた事がありますが、あれはとても剛性が低かった記憶があります。素人の私の登りダンシングでもブレーキ擦りましたからね(苦笑)

シマノホイールのスポーク本数はやっぱり少し少なすぎると思うのです。

また11速化に伴いスプロケットが以前にも増して幅をとり、ホイールのハブはフランジ寸法がかなり狭く偏ってしまいました。つまりホイールがどんどん薄くペラペラになっていったのです。当然横剛性が落ちますよね。

私はホイールの手組もやりますけど、11速登場の時は手組ホイールは絶滅するとまで言われました。手組の材料では11速化に対応できず、もはや専用設計の完組ホイールでなければ剛性は確保できなくなると言われたのです。でも実際には完組でも少し無理があったんじゃないかなぁと思うのです・・・

こう考えてくると剛性確保のための手段として、リムとタイヤを太くして急場を凌いでおこうという意図があるのでは?と、なんとな~く思えてきます。リムが太くなればスポークのオフセット量も稼ぎやすいですからね。

私は次の12速化ではハブのフランジ幅を含めた規格をガラッと変えてくるのではないかと予想しています。それでホイール剛性が改善された場合、次にメーカーが勧めてくるタイヤは果たして23Cなのか25Cなのか、そこは注目ポイントだなと思っているのです(これだけ言って変わらなかったらどうしよう(苦笑))

まあ、かなりの部分私の妄想ですから聞き流しておいて下さい(苦笑)

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル