壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

プラモデルの話

壽屋プラモ・メガミデバイス(忍者・弓兵)制作日記、その1

投稿日:2018年12月8日 更新日:

積みプラを崩すぜ・・・

年内いっぱいかかるかと思っていたPGガンダムエクシアが思いのほか早く仕上がってしまったので(旧ブログ参照)、一年ほど前に買ったまま積んでいたメガミデバイスを作る事にしました。目標は年内完成です。

本当は次に作る用にミクさんを買ってあるのですが、これはその次に回します・・・

可動フィギュアのプラモデルなのでパチ組みして遊ぶのが一番正しい姿のようにも思うのですが、ここ最近ABSへの塗装を色々検討してきたので、その実践編として全塗装仕上げで組み立てます。

また、せっかく塗装の手間をかけるので、思い切って忍者と弓兵の2体同時進行で作ります。これで一気に積みプラを2つ消化しようという計画です。共通パーツが多く塗装も共通色ばかりなので、同時進行なら効率よく作れるだろうという目論見でもあります。

created by Rinker
壽屋(KOTOBUKIYA)
¥5,280 (2019/11/18 02:01:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
壽屋(KOTOBUKIYA)
¥4,930 (2019/11/18 02:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

大きな改造はせず基本工作のみで組むつもりでしたが、パンツ部と腰の接続部はそのままだと合わせ目を消せませんので、ホビージャパン2018年2月号掲載の作例を参考にして、磁石を仕込んで着脱できるようにしました。

肌色箇所はABSばかりですので、組み立てて合わせ目処理をしたあとにタミヤのプライマーを吹き、良く乾燥させてからガイアのフレーム・アームズ・ガールズカラーのプラスチックフレッシュを軽く吹いてあげました。さすがに壽屋の肌色パーツ用に調合された製品だけあって、元のパーツとの色合いはバッチリですね。このあとシャドウフレッシュで陰影も付けてやります。

元のデザインからカラーリングを少しアレンジして、白い部分は薄いグレーに。足回りは正面側の黒い箇所も紅白に塗り分けました。このあたりもABSパーツが多いため、プライマーで下地処理をしっかりやらなければなりません。手間はかかりますが、ちゃんと処理したおかげで今のところ割れは一切でていません。

だいぶ進みましたが、まだまだ細かいパーツが多いので時間がかかりそうです。

(メガミデバイス(忍者・弓兵)制作日記 1・23

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル