壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

フラットバーロード

R3000系9速ロードのシフトレバーを選ぶ【ロードバイクのフラットバー化Part15】

投稿日:2018年8月25日 更新日:

R3000系の場合

R3000系、9速の現行モデルについての話です(2019年11月改稿)

入門用ロード用にはよく搭載されている低価格コンポですね。

現行モデルですので入手性は問題ありません。フラットバーロード向きにはSL-R3000という商品が販売されています。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥8,803 (2020/01/21 17:30:06時点 Amazon調べ-詳細)

さてこのシフトレバーですが、それ以前のモデルとはリアの変速については互換性があるそうですが、フロントディレイラーが新設計に変更になったため、フロントについては旧モデルとの互換性が無いそうです。

つまりR3000系のシフトレバーで変速できるフロントディレイラーはFD-R3000だけということになります。オンリーワンです。

互換表を見ると、R3000系は一つ前の世代の3500系9速SORAと一緒に扱われることが多いのですが、やはりフロントディレイラーについては互換性を分けて記載されていますね。

そのかわりなのかは知りませんが、R3000のフロントディレイラーは上位モデルでも採用されていない新機構のフロントディレイラーになっているそうで、低グレード製品とは思えない程の高性能に仕上がっているそうです。

私は現物を試したことは無いのですが、ネット上の映像で見る限り確かに性能は良さそうです。

シマノが低グレード製品に新機構を導入してくるとは珍しいですね。フラットバーロードで気楽に乗るなら十分すぎる性能に見えますので、これはこれで全然ありだと思いますよ。

ただまあ最近は低グレードだからと言って、決して低価格とは言えなくなってきているのが悲しいところなんですけどねぇ…

関連記事の目次はこちら

 

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル