壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄を広く浅く掘り下げる、何でもありのブログです

フラットバーロード

エンドバーで前傾姿勢のポジションを作る!【ロードバイクのフラットバー化Part21】

投稿日:2018年10月7日 更新日:

ハンドルポジションを増やす その3

下の写真は、現在一番乗り回しているフラットバーロードのハンドルです。地味に色々工夫しています。

取り付けているエンドバーはこれです。

created by Rinker
タイオガ(TIOGA)
¥2,688 (2020/02/25 12:21:43時点 Amazon調べ-詳細)

結構ごっついです。大空魔竜の角みたいです。

重量的にも結構重いですので軽量化には有利とは言えませんが、マルチハンドルバー的にポジションを増やす事が出来ます。

中でも一押しなのが、エンドバーの先端を握って、手首をグリップに乗せる持ち方です。

グリップ面の広いエルゴグリップを使ってるからこその持ち方なんですが、手首をグリップに乗せてしまう事で、手のひらと手首とに力を分散できるため、体重をかけてしまっても手の負担が少なくなるのが利点ですね。

また、この握り方をするとドロップハンドルのブラケットポジションとかなり近い位置で握れるため、ロードらしい低い前傾姿勢ポジションを作れます。

とっさのブレーキやシフト操作が出来ない欠点はありますので、この持ち方を使うのはサイクリングロード等の先の見通しが良い場所を巡行する場合程度にしています。公道ではやはりブレーキに指をかけていたいですからね。

さて、このハンドルにはもう一つ、握り方を増やすためのちょっとした工夫がしてあります。ブレーキに指をかけた状態でも、ハンドルの持ち方を変えられる工夫です。

本当にちょっとした物なのですが、これが結構大きな効果があります。それについてはまた次回。

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル