フラットバーロード

ブルホーンっぽいポジションは出来る?【ロードバイクのフラットバー化Part20】

投稿日:2018年10月1日 更新日:

ハンドルポジションを増やす その2

ハンドル回りの話の2回目です。

この写真はうちのBSモールトンのハンドルなのですが…

ブルホーンハンドルのようなポジションをフラットバーロードで作れないかを試行錯誤していた際の一つの実験例です。

ハンドルバー自体はBSモールトン標準のハンドルそのままです。そこから、この写真のようなエンドバーを取り付けてみました。ただハンドル幅自体が46cmありますので、ブルホーンと同様のポジションには出来ていません。

また、ハンドルバー自体もやや曲がりが付いているため、エンドバーの先端が外側へ広がるような取り付け状態になってしまうのもイマイチな所ではあります。

もし本当にブルホーンハンドルに近いポジションを作ろうと思った場合は、ハンドル幅を40cm程まで詰めて、ハンドルバー自体も曲がりのないストレートな物にすれば、かなり良い感じになると思います。

ただしその場合、ブレーキバー・シフトレバー・ライト・メーター等の小物を取り付けるスペースがかなり少なくなってしまいますので、そのあたりで工夫は必要になってくると思います。

ちなみに、ドロップハンドルを上下ひっくり返して取り付け、下ハン部分をカットすれば、ブルホーン用のハンドルバーを作成する事も出来ます。うちに余っているドロップハンドルがありますので、それをやっても良かったんですが、当然ながら、その場合ブレーキレバーやシフトレバーはロード用を使用する事になります。

市販されているブルホーンバーもだいたいドロップハンドル準拠のパイプ寸法で作られていますので、やはりロード用のレバー類を使用する事になりますね。

ブルホーンにせず、あえてフラットバーハンドルにエンドバーの構成を検討したのは、フラットハンドルの操作性の良さを残したかったのと、大抵のヒルクライムには出場できるという点からでもあります。車両規定でブルホーンハンドルは禁止されている場合がほとんどですが、フラットバーにエンドバーはOKな場合が多いのです。

私はここ数年あまりレースやイベントには参加しなくなっているのですが、それでもヒルクライムは割と行きますので、ブルホーンではちょっと都合が悪いのです。

余談ですが、今回の写真のエンドバーについては、私のイメージしていた形状の商品が販売されていなかったので、下記の商品を切断して、上下逆さまで取り付けしています。

created by Rinker
Aoi Industries,Inc

ドロップハンドルをひっくり返すという手法をそのままエンドバーに使ったわけです。

曲がりの部分で切断していますので、パイプカッターは使えません。私はディスクグラインダーを持っていますのでそれで切断しました。それなりに危険な作業ですので、あまり万人にオススメは出来ませんケドね・・・

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル