壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

フラットバーロード

7900系10速ロードのフラットバー用シフトレバーの選択【ロードバイクのフラットバー化Part11】

投稿日:2018年8月19日 更新日:

7900・6700・5700・4600系の場合

シフト周りは規格が入り組んでますので、少しずつ進めようと思います。

まずは、今でもユーザーが多そうな (というか、私がここに当てはまるので一番話を進めやすい) 10速の場合です。それも10速(第2群)と分類したグループです。10速の他のパターンはまた追っつけ話をしようと思っています。

多分一番ロードバイクブームが盛り上がった時期に、新規で購入した人が多い製品じゃないかと勝手に思ってます。かなり売れたんでしょうねぇ、シマノさんはこのグループについては早く買い換えてほしいと思っているようなフシが感じられます。

例の10速ホイール切り捨ては露骨にその狙いだと思いますし、10速後継の4700シリーズで互換性をごっそり無くしてしまったのには、私は正直呆れましたよ (まあその辺の話は4700の話の時に・・・)

さて、一応このグループのフラットバー化はかなり分かりやすい方です。
シマノの互換表を見ると、

これと

ここに該当製品が記載されています。

一番左の「ST/SL」というのがシフトレバーのカテゴリーです。

STで始まっているのが、いわゆるSTI、ロード向けのブレーキと変速が一体になったレバーです。
SLで始まっているのが、フラットバー向けの変速機能のみのレバーです。フラットバーロードへ改造するにはこちらのSLタイプを選択しなければなりません。

この通り、ちゃんと対応したフラットバー用のシフトレバーが発売されているわけですが、残念なことにこの10速 (第2群) 向けの商品は既に市場からは消え始めています。

(2019年11月追記)

今のところ、対応フラットバーシフターでは4600系がかろうじて入手可能です。4603はトリプル用です。

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥5,045 (2020/12/04 18:01:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥5,045 (2020/12/05 00:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

私はSL-4600のダブル用を使用していますが、大変快調に動作しています。シフトインジケーターが付いていて少々安っぽい外見ではありますが、性能的には全く問題ありません。

残念ながら、上位モデルの「SL-R780」は販売を終了しており、下位モデルの「SL-R460」もまず見かけません。4600がいつまで販売されているかは分かりませんが、フラットバー化をお考えの方は早めに入手しておくことをオススメいたします。

関連記事の目次はこちら







-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル