フラットバーロード

ブレーキレバー選択の具体的な商品例【ロードバイクのフラットバー化Part10】

投稿日:2018年8月17日 更新日:

フラットバーロード向けブレーキレバー選ぶ

フラットバー用ブレーキバーの具体的な商品例です(2019年11月現在)
※ブレーキ比の違いについては前回の記事を参照ください

1.旧レバー比の場合
だいぶ数は減ってると思いますが、まだ旧レバー比のコンポを搭載したロードに乗ってる人もいらっしゃると思います。そんな方がフラットバーロード化を考えた場合、ブレーキレバーの選択肢は少なくなっていますが、まだちゃんとシマノ自身が対応レバーを出してくれています。なので、これを選んでおけばまず間違いがありません。

ちなみに、上でリンクしてるアマゾンの商品ページのレビューを見てみると

「フラットバーにする際にこれを使ったらブレーキが効き過ぎるようになった、でも慣れれば平気」

って書いてる人がいらっしゃるんですが、もしかするとこの人は前回書いた 「効き過ぎる組み合わせ」 をやってるんじゃないかと思います。

また、シマノ以外の製品 (テクトロとかダイアコンペとか) のブレーキレバーで、「BMX カンチブレーキ キャリパーブレーキ用」 などと書かれている製品は大体こっちの旧ブレーキ比対応です。

ただし、もし説明書きに「NewスーパーSLR互換」 と書かれていた場合は、こっちではなく、次に紹介する新ブレーキ比対応の製品になりますので御注意を (ただ私は実際にそういう製品を見かけたことがないのですけどね・・・)

2.現行ブレーキ比の場合(NewスーパーSLR)
これはもう簡単です
現行の規格ですから、現在発売されているシマノのロード向けフラットバー用ブレーキレバーの中から好きなものを選べばいいだけです。ただ先述の通りシマノ以外の対応製品を見かけたことがないので、そういう意味では選択肢は狭いとも言えます。メーカー純正の組み合わせですから、コントロール性はとてもいいですけどね。

私のフラットバーロードはブレーキレバーがBL-3500(SORA)、ブレーキキャリパーがBR-6700(ULTEGRA) で組んであり、とても快適です。

BL-3500はすでに廃盤になって、後継のR3000シリーズに切り替わってますので、今のラインナップはこんな感じですね。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥3,731 (2020/07/02 15:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

どれも必要十分な性能の良い製品だと思いますが、欠点と言えば外見が似たり寄ったりなことと、下2つはSORA、もしくはTIAGRAのロゴがガッツリ入っていることでしょうか(苦笑)

それと、さらに下のグレードであるクラリスのブレーキレバーもちゃんと対応品です。値段的にも性能的にもほとんど差がないのと (と言うか、本当にグレード分けする程の差があるのかこれ?)、色がグロッシーグレーだったりするので、この色が好きな方はあえてクラリスを選ぶのも手かと。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,400 (2020/07/03 08:12:40時点 Amazon調べ-詳細)

これらの製品はアウター&インナーケーブル付属ですので、ワイヤー類を追加で購入する必要がないというのはありがたいですね。シマノなのに珍しく商売が良心的です (失礼)

さて、次回からはいよいよシマノ互換性で難関の、シフト周りの部品選びへと話を進めます・・・

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル