壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄を広く浅く掘り下げる、何でもありのブログです

フラットバーロード

【超初心者向け】ハンドルバー交換の基礎知識【ロードバイクのフラットバー化Part5】

投稿日:2018年7月23日 更新日:

ハンドルを交換しよう

ドロップハンドルをフラットバーロードにするには、ブレーキレバーや変速レバーといったパーツも必要ですが、何はともあれ、ハンドルバーを交換しなければ話が始まりません。

私はハンドルだけではなくステムまで取り替えて色々とポジションをいじり回しましたが、単にハンドルを変えようというだけなら、ステムはそのまま流用しても問題ありません。最初はそのくらいから始めるのがいいんじゃないかと思います。

ただし部品の規格や寸法には気を付けなければなりません。

おそらく最近のロードであればアヘッドステムでハンドルを固定していると思いますので、とりあえずはそれを前提に話を進めてみます

↓アヘッドステムってのはこういう奴

さてこのアヘッドステム、意外と規格がやっかいで、詳しく種類の解説を始めるとかなり長くなってしまいます。あまりそれを細かく解説しても仕方が無いので、ここではパスします(ステム周りとポジションの話はまた別の項で)

さて、ステムそのままでハンドルだけ変えるとなると、外す場所はここしかありません

大抵は4mmないしは5mmあたりの6角棒レンチで外せます(どうでもいいけど、なんで自転車業界だけこれをアーレンキーって呼ぶんでしょうね)

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥823 (2020/04/03 11:37:46時点 Amazon調べ-詳細)

ホームセンターでも色々売っていますが、千円程度のセット品で十分に使えます。

このハンドルを固定しているクランプ径のサイズについては大まかに二種類あり、最近のロードであれば31.8mm、少し古いロードなら26.0mmのはずです。0.1mmでも違うと取付がちゃんと出来ませんので良く確認しましょう。ハンドルを外して確認すれば、ステムやハンドルバーにサイズが書いてあるはずです。

この写真の品だと31.8mmですね。110mmと書いてあるのはステムの長さ、73°はステムの角度です。ちなみに私はステム買うときは73度と決めてます。この方が取り付けた時ステムが水平になってカッコいいのです!!

さて、この寸法にあったフラットバーハンドルを用意することになりますが、アルミにするかカーボンにするかは予算次第です。まあとりあえずアルミならこの辺が無難なところでしょうか・・・

created by Rinker
NITTO(日東)
¥2,785 (2020/04/03 11:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドルバーには他に25.4mm径のMTBやママチャリ向けハンドルバーもありますので間違えてそちらを購入しないように御注意を。

これをステムに取り付けるわけですが、その前にハンドルの幅を決めてカットしておいた方が楽です。カットには100円ショップで売っているような金属ノコギリでも十分に切れますが、アルミならパイプカッターを使った方が綺麗で簡単に切れます (※パイプカッターはカーボンハンドルには使えませんのでご注意を!)

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥1,280 (2020/04/03 11:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

最近は100円ショップでもパイプカッターを置いてたりするそうです。ただし価格は100円ではないそうですが。

といったところで次回へ続く

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル