壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄を広く浅く掘り下げる、何でもありのブログです

フラットバーロード

11速ロードのフラットバー用シフトレバーの選択【ロードバイクのフラットバー化Part14】

投稿日:2018年8月24日 更新日:

11速コンポの場合(共通)

今回は現役の規格である11速ロードの場合です。

現役の規格なのでユーザーも多く、フラットバー化を考えている潜在的需要も多いかもしれません。それになんと言っても各種パーツの入手性に全く問題ないのが有りがたいところです(2019年11月現在)

わたしは11速は使ったことが無いため知識的にはいまいち良く分かってない部分もあります。そこでまず互換表を見てみたのですが、これが思った以上に簡単でした。

なんといっても、フラットバー用のシフトレバーについては1つしか選択肢ありません。ちなみに当然ながら電動用はありません(ちょっとほしい気もしないでは無いのですが・・・)

フラットバー用であるSL品番で始まってるのは、SL-RS700とSL-U5000のふたつがありますが、U5000というのはMETREAというちょっと別個のシリーズなので、通常のフラットバー化で選択するパーツとしては考る必要はありません。

SL-RS700の一択という認識でオーケーです。
まあ他に選択肢が無いというのは寂しくもありますが・・・

現行商品なのでセット品が普通に手に入ります。左右セット品はワイヤーも全部セットになっていますから、別個にワイヤーセットを購入しなくても大丈夫です。これはありがたいところです(シフトインジケーターがなくなっちゃったのはちょっと残念・・・?)

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥11,840 (2020/04/09 16:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

互換表を見る限り、11速の第一世代・第二世代の両方ともこれが対応していると書かれています。

そこでちょっと疑問になるのは、その第一世代と第二世代とで、一体何が違うのかという点。もちろん油圧ディスクが加わったというような違いはありますが、他にも何か変わったのかなぁと思って調べてみたらこんな表を見つけました。

互換表を良く見直してみると、確かにフロントディレイラーとフロントチェーンリングにわざわざ区分けがされており、互換性無しとなっている部分があります。まあ、フラットバーロードへの改造には特に影響がない部分ではありますが・・・

さらには第二世代の方に第一世代から微妙にマイナーチェンジしたフロントディレイラー(FD-5801)まで加わっていて、なにやらまたまた複雑になってます。もしフロントディレイラーを交換するような時は、ここはちょっと気をつけておいた方が良さそうな情報です。

これは何なんでしょうね。買い換えを促すならもっと大幅なモデルチェンジしてくるでしょうし、フロント周りだけ微妙に変更というのも解せません。なにか旧製品は致命的な問題があったりしたんでしょうか・・・???

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル