壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

フラットバーロード

4700系10速ロードのフラットバー用シフトレバーの選択【ロードバイクのフラットバー化Part13】

投稿日:2018年8月23日 更新日:

4700系の場合

今回は10速ロードの現行規格、孤高の存在4700シリーズの話です。

例によってシマノの互換表から見てみます。

もう話は簡単ですね
フロントダブルならSL-4700
フロントトリプルならSL-4703
これしかありませんので、迷いようがありません。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥8,634 (2020/01/21 17:28:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥9,257 (2020/01/21 17:28:30時点 Amazon調べ-詳細)

正直なところ、4700シリーズシフトレバーについての、単純なフラットバー改造の話だけならこれでオシマイです。
この製品以外に選択の余地がないんですから。

しかしこの4700シリーズについては、やはりひとこと言っておかねばなりますまい!!

今現役で展開している10速用ロードコンポはこれしか無いわけです。
つまり基本的に、今手に入る10速用のパーツといえばこのシリーズということになります。

一部の旧型10速用のパーツは現在も並行して販売されていますが、それはいつ販売終了してもおかしくありません。でもこの旧規格の10速に乗ってる人はまだたくさんいます(わたしもその一人です)

普通に考えれば、古い10速に乗っていて何かパーツが壊れたとき、それじゃあ今売ってる10速のパーツ買ってきて組み合わせて修理しようか、と考えると思います。

ですがシマノさんはそれを許しません

4700シリーズは過去の10速シリーズとは全く互換性がありません!!
まさに孤高の存在!

まあブレーキの項目の時に書いたとおりフラット用ブレーキレバーとブレーキ本体は流用可能です。互換表によればスプロケットも大丈夫

でもその他のパーツ

  • デュアルコントロールレバー(STI)
  • フロントチェーンリング
  • フロントディレイラー
  • リアディレイラー
  • チェーン

以上は組み合わせが出来ません。なんとチェーンまで違いますよ

ここまで違うと、旧型10速乗りはコンポが壊れて載せ替えをしようとなったら、わざわざ4700を選ぶよりも11速への交換を考えるでしょう。まさにメーカーの狙いはそこ!

私はどうもこういうメーカーの戦略に素直に従うのが気に入らないので、11速コンポや4700が発表されたときに、11速と4700はスルーする決心をしました (10速ホイールを複数持っていたという事情もありましたので…)

別にいいじゃん、常に最新型使わなくたってさぁ・・・

11速は現在第二世代が105まで出そろって、まさに全盛期です。
となると、おそらく次は大規模なモデルチェンジでデュラエースの12速化、リアエンド幅の変更、ディスクブレーキの完全標準化、といったことを進めてくるのではないかと予想しています。

ロード買い換えるなら、私は次はそこまで待つつもりでいます
それまでは今乗ってる10速で十分と考えているのです。

※もちろん、最新型を追い求める姿勢を真っ向から否定したいわけではありません。こういう考え方したっていいんじゃないか、と言っているだけのことです。

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル