壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

プラモデルの話

2~300円で作る!格安撮影ブースの実力はいかが?

投稿日:2019年11月8日 更新日:

撮影ブースは安くて十分?

私がプラモの写真を撮影するときの環境は、実はあまり大したことはありません。

作業スペースで簡単に撮っている場合も多いですし、完成品を撮るときもアマゾンのダンボール箱を切り欠いて100円ショップで買ってきた紙を垂らし、照明を当てて撮影していただけだったりします。まあそんな状態でしたから写真の出来映えはあまり良くはありませんでした。

これは先日撮影したグライフェンの写真ですが…

背景が暗くなってしまっていて、明らかに光量が足りてないんですよね。

そのうちもう少しマシな撮影ブースを作ろうと思いつつそのまま特に何もしていなかったのですが、昨日受け取った宅急便の段ボール箱があまりにも撮影ブースに丁度良いサイズだったため、これは作るしかないな!と思い立ち、簡単にでっち上げることにしました。

テーマは「格安」です

ネットを検索すると、市販の撮影ブースや、ダイソーの透明パネルを組み合わせて撮影ブースを自作するなんてやり方が色々出てきますが、私はそんなに手間もお金もかけるつもりはありません。

段ボール箱をカッターで切り欠き、まずはこんな感じで作ってみました。

光源は普段卓上で使っているスタンドライト。ダンボールの両側にはアルミホイルを貼って光を反射するようにして、100均で買ってきた水色の紙を中央に垂らしました。天板に使っているのは衣装ケースのフタです。塗装ブースを作るときに買った衣装ケースのフタが使わずにあまっていたので、スタンドライトの光を拡散するために役立ってもらいました。

ここまでの費用は

  • ダンボール 0円
  • アルミホイル 台所から持ってきたのでほぼ0円
  • 固定用ガムテープ 家にあった物を使ったのでほぼ0円
  • 衣装ケースのフタ 廃品利用なのでほぼ0円
  • スタンドライト 普段使っている物を置いただけ
  • 水色の紙 100円(税別)

衣装ケースのフタがなければ光の拡散用にトレーシングペーパーか乳白色のアクリル板を使っていたところですが、どちらも100円ショップで購入可能です。

さて、ここまで出来上がりましたが、左右のアルミホイルによる光の反射が紙の上に目立ちすぎていたため、これを見えないようにしなければなりません。そこで結局光の拡散用に乳白色のアクリル板を使うことにしました。100円ショップで買ってきた物を2つに切り分けて、アルミホイルの前に置いてやります。

  • (追加)乳白色のアクリル板 100円(税別)

というわけで、200円の出費と家にある物だけで完成しました(苦笑)

さて写真の出来映えですが…

うん、なかなか悪くないですね! iPhoneで適当に撮っただけでこれなら上々です。ただもう少し光量が欲しい感じではありますが…まあそこは露出で調整しますか。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル