壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

08.アニメシリーズ(LD・PRO)

スタートレック:ローワー・デッキ S3第5話「2人の自分」 あらすじや感想や元ネタ解説など

投稿日:2022年9月23日 更新日:

(以下、ストーリーのネタばれを含みます)

シーズン3第5話(通算25話)「2人の自分」”Reflections”のあらすじ

タルガナ4号星での仕事のついでに宇宙艦隊の隊員募集を行うことになり、ボイムラーとマリナーがその任務に就いた。

ラザフォードはといえばこのところ悪夢で眠れない日が続いていた。テンディはそんな彼を心配して不要なメモリ消去の処置をしたのだが、それを機にラザフォードは別の人格に乗っ取られてしまう。

シャックスのおかげですぐにラザフォードは捕まったものの、彼の脳の中では2つの人格がせめぎ合っていた。

2つの人格は対立の末、宇宙レースで決着を付けることにするのだが……

情報を整理してみる

  • 独立考古学者ギルドのペトラ・アバディーンは元艦隊士官でU.S.S.ヴィクトリーに乗っていたとのこと
  • ラザフォードを乗っ取った人格は、10年前の彼自身でした。これまでインプラントの調子が悪くなっていたのは、彼が表へ出ようとしていたためのようです
  • やはり彼のインプラントには何か大きな秘密があるらしく、上層部が何かの隠蔽工作を行っているようです
  • ボイムラーはコバヤシマルテストに17回挑戦しているとのこと(根性あるなー)
  • 今回の宇宙歴は58354.2

今回の元ネタ解説

※小ネタは多すぎて全部は把握できていません。何か思い出したらまた追記します。

  • カークとスポックの映画的な新しい時間軸、というのはもちろんケルヴィンタイムラインのことですね
  • カークとスポックの等身大カットアウトパネルはTAS準拠。脚元に描かれているのはTOSシーズン1第25話「地底怪獣ホルタ」のホルタです
  • 第80宇宙基地はシーズン1第6話「気のいいフレッチャー」にて「かなりヤバい基地」として挙げられていたところです
  • オミクロン・セティ3号星の「花粉で洗脳する花」というのは、TOSシーズン1第24話「死の楽園」でスポックを腑抜けにしたアレです
  • 「トリルの体の模様は下まで続いてるの?」という質問はDS9でジャッジアもされてました(DS9シーズン3第8話「次元移動惑星M」
  • 女性考古学者のペトラ・アバディーンはTNGとDS9で登場したバッシュさん(ピカード艦長のガールフレンド)のパロディでしょうか?
  • U.S.S.ヴィクトリーはTNGとDS9で複数回名前が出ています。ドミニオン戦争では大きな被害を受けたようです
  • ロミュラン中立地帯のデブロン星系では違法なレース大会があるとのこと。このデブロン星系はTNG最終回「永遠への旅」の重要な舞台でもあります
  • デルタフライヤーは説明不要ですね!
  • サンパギータというのはフィリピンの国花でジャスミンの一種
  • 「地球を救いに過去へ行くのは4回、多くて5回」というのはどの事件のことだろう……危険な過去への旅、クジラ探し、時間冷戦、タイムスリップエイリアン、ピカードシーズン2、で5回かな? でもこの年代だとまだピカードの事件は起きてないか(過去改変なので起きているとも言える)
  • 寄生虫が提督を乗っ取った事件というのはTNGシーズン1第25話「恐るべき陰謀」のこと。陰謀論者ブースに展示されていた標本はこの時の蟲ですね(見直して確認したところ「カーンの逆襲」で登場した蟲とは違いました。すみません)
  • 「ゲームに人を閉じ込めるな」と言われていたのはDS9シーズン1第10話「死のゲーム」に登場したワディ族
  • コレクターのブースには”Official Star Trek Helmet”やデータのフィギュアなどが置いてありました
  • マリナー達のブースにあったのはU.S.S.スターゲイザーの模型。当然ピカード2の新しい方ではなく、ピカードが艦長やってた昔の方です。
  • 7年デルタ宇宙域にいたドクターと言えばヴォイジャーのホロドクターですね
  • 最後にペトラが盗んだ杖はフェレンギの最高指導者グランドネーガスの象徴ですが……盗まれてたんかいロム!(苦笑)

今回の感想

「ストレンジなニューワールドを探検」には笑った。早く日本でも見たいなー。

潜在意識下の非現実とは言え、デルタ・フライヤーがガッツリ登場するのは嬉しいですね!!!!

今回は久々に細かいネタが多めでしたが、本筋の方もラザフォードに思いっきり焦点をあてつつ伏線もしっかり張りと、かなり見応え十分でした。

ラザフォードがこの10年でどう成長したかを仲間の存在で表現するというのは、無茶苦茶ベタな展開ですけど良かったですねぇ~

まあ何やら彼のインプラントには陰謀が隠されているような感じですが、多分蓋を開けてみたらかなりどうでもいいネタのような気もします。だってローワーデッキだもん(苦笑)

シスコが本当はどうなったかは俺も知りたいな~~~~

階級章を投げ捨てられてぶち切れるボイムラーはGOOD。やはり辺境の科学者はクズだな!!

マリナーが最後迷った末にペトラの連絡先を保存するシーンも良いです。今回はこういうキャラクター描写が上手いシナリオでした。

コバヤシマルテスト17回は凄いですが、3回目でズルをしようと思わないあたりがボイムラーですね。やはりカークにはなれません(苦笑)

それにしてもロムよ……大事な杖を……

「ローワーデッキ」の目次はこちら







-08.アニメシリーズ(LD・PRO)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。