壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

映画など映像作品の感想

最高最後のアッセンブルに泣いた!アベンジャーズ・エンドゲームはファンへの超ご褒美映画だった!

投稿日:2019年4月26日 更新日:

Avengers: Endgame(原題)

やっと待ちに待った「アベンジャーズ・エンドゲーム」が公開になりました。とにかく前回が続きの気になりすぎる終わり方でしたからねー。本当に待ち遠しかったです。

そして今回は一連のアベンジャーズシリーズに一区切り付く作品でもあります。宣伝などでは「アベンジャーズが終わる」と言って最終回っぽい雰囲気を出していますが、別にこれで本当に終わりというわけではありません。現メンバーでのアベンジャーズはオシマイというだけなのです。

内容については一切ネタバレを見ない状態で見に行きました。しかし、そもそも今劇場で流れている「スパイダーマン・ファーフロムホーム」の予告からしてニック・フューリーとスパイダーマンが出まくっていますので、この予告の時点で少なくとも前作で消されたヒーロー達が復活するのは確定しているわけですが…

以下感想です(ネタバレあり)

予想はしていましたがストーリーの流れ自体はシンプルで分かりやすい展開でした。まあ開始早々にサノスが倒されるのは予想外でしたが。

消えた人々を復活させるために過去へタイムトラベルするのも予想通り。アントマンがその鍵になるのも想定通りです。タイムトラベルで逆転するのはアメコミの定番展開ですしね。ただし時間物特有の辻褄の合わなさについては…あまり気にしてはいけません。

で、ストーリーの起伏がシンプルな分、キャラクターそれぞれの見せ場がこれでもかとふんだんに盛り込まれていて物凄いボリューム。もうあまりにもネタが多くてお腹いっぱいですよ! とにかくこの情報量が半端なくて圧倒されます。シリーズ全部見ていても「あれ? この人誰だったっけ!」ってな部分多数ですが、「ああっ!この人も出てくるのか!」「こいつヒドラなんだよなぁぁぁぁ!!!!」とか、過去作見てるほど楽しめること間違いなし。

まぎれもなくこれは、過去作を真面目に見ていたファンに対する

大ご褒美映画

です。いやあ、シリーズちゃんと追いかけてきて本当に良かった。

アスガルドのヴァルキリーが意外なところで再登場してビックリ! 消息不明だったから生きてて良かったよ…。アントマンが現実に戻ってくるまでに5年かかっていたというのは意外。キャシーは消えてなくて良かった…でも3バカはどうしちゃったんだろう、全く触れられてなかったのは残念でした(決戦時のクラクションには笑った)

さらに過去に移動してからの展開は凄かったですね。

アベンジャーズ1作目の裏側を描いているのかと思っていたらシールドのストライクチーム(クロスボーンズ!)やアレクサンダー・ピアースまで登場して「おおっ!」とビックリ。そこから「ウインターソルジャー」のエレベーターの名シーン再現とか痺れましたわ。なるほどそういう経緯でマインドストーンはヒドラに渡っていたのか…。ニューヨーク戦でエンシェント・ワンまで出てきたのにも驚いた。あんな近くで地味にチタウリと戦ってたんならアベンジャーズに加勢してやってよ(笑)

当時はあまり面白くないなと思いながら見ていた「ソー・ダークワールド」がこんなにお話に絡むとは!

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の最初のシーンはもうただのバカにしか見えません(苦笑)

ソウルストーン入手でナターシャが死ぬのはちょっと予想外でした。シリーズ最初からのアベンジャーズメンバーで退場はこれが最初ですからね。ところでこの二人、一応元シールドのエージェントなんですからヒドラのレッドスカルについても一言くらい言及して欲しかったなぁ。

70年代に飛んでからのスターク親子のシーンはよかったですねぇ。その後の出来事を考えると大変感慨深いです。さらにここでジャービスさんまで登場。ドラマからフィードバックされたキャラクターはなにげにこれが初めてでは? TVシリーズの「エージェント・カーター」も真面目に見ておいた甲斐がありましたよ。今回はキャップの人生に一定の結末を付けるお話にもなっていましたので、カーターさんの存在が大きいですしね。

ちなみに、結局「エージェント・オブ・シールド」の方は最後まで絡むことが出来ませんでしたね、残念。

そして現代に戻ってからのキャラクター入り乱れっぷりもまた凄い。

単独映画主役級のキャラクターがもうこれでもかこれでもかと出てくるから超豪華メンバー。敵側も過去から来たせいで以前に苦戦の末倒した強敵達が復活していっぱい出てくるものだから、総力戦感が半端ない。そしてそこで満を持して叫ばれる

「アベンジャーーズ!!…アッセンブル!」

いやもう、10年来の思いのこもったアッセンブルに泣いた。アッセンブルのトーンを落として叫ぶところが凄く良かった。

戦闘も紛れもない総力戦で、何が凄いってキャップの盾が割れる割れる。絶対に壊れることの無かったヴィブラニウムの盾が無残に砕け散っていく様は、もう本当に最終回感が凄い。そのキャップ自身も「エイジ・オブ・ウルトロン」の時に伏線張っていましたがムジョルニア使えるようになって戦力アップ。もう弱いなんていわせません(苦笑)

そして勝利のための唯一の道、やっぱりストレンジ先生はトニーが死ぬことも分かった上でこのコースを選択したんですね。

このシリーズは、紛れもなく「アイアンマン」トニー・スタークと「キャプテン・アメリカ」スティーブ・ロジャースから始まった物語でした。

その2人が退場するのが、今回の「アベンジャーズ」の大きな区切り。残念ですがこの2人はこれで見納めです。トニーが死んじゃうのは悲しかったですけど、これはもう仕方が無いですね。演じているロバート・ダウニーJrさんの方も大分お歳をとってしまいましたし…(葬式のシーンでは「アイアンマン3」の子供も参列していたんですね。大きくなってて全然気づきませんでした)

一方でキャップの方の決着の付け方は納得しました。過去へ行く時点で多分これ戻ってこないんだろうなぁと思っていたら案の定でしたよ。でも人並みの幸せな時を過ごせたのであれば文句の付けようもありません。

「キャプテン・アメリカ」という存在についてはコミックに準拠してファルコンが2代目を襲名しましたので、次世代のアベンジャーズは彼を中心に編成されるのでしょう。2代目アイアンマンにも期待しています(原作準拠なら黒人女性?)

既にニック・フューリーがスパイダーマンを勧誘していますので(苦笑)、どんなメンバーになるか今から楽しみです。なにせFOXの買収も終わっていますから、次期メンバーには本格的にX-MENも加わってくると思いますし…その前にファンタスティック・フォーもリブートするのかしら???

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-映画など映像作品の感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル