壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

映画など映像作品の感想

エンドゲームの後を描くフェイズ3最終作!スパイダーマン:ファー・フロム・ホームを見てきた

投稿日:2019年6月28日 更新日:

Spider-Man: Far From Home(原題)

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が公開になりましたので早速見てきました。トム・ホランド主演のスパイダーマンシリーズとしては2作目です。

昨日上映が終了した「アベンジャーズ・エンドゲーム」の後の世界を描く最初の作品にして、MCUシリーズ:フェーズ3の最終作です。言うなれば「エンドゲーム」のエピローグ的作品でもあるわけです。

MCU本家ではなくSONY配給のスパイダーマンの方でフェーズ3が締めくくられるというのも妙な物ですね。もちろん今回も実際に作っているのはマーベルスタジオなので、過去のシリーズとの整合性は完璧です。意外なところから意外な人が再登場していたりしてビックリしました

以下感想です(ネタバレあり)

今回も前作同様、主人公ピーターの成長物語でしたね。特にピーターの恋愛模様に焦点を絞っているわけですが、これが微笑ましくて応援したくなってしまいます。

エンドゲーム後の日常の様子が色々描かれているのも楽しいですね。そうかキャプテンは死んだことになってるのか~、あと指パッチンがそのまま名称として広まっているのは笑った。

環境が色々変わり、メイおばさんにもシッカリ正体ばれてるわけですが、その一方で依然としてハッピーからの(つまりスターク社からの)サポートもあるわけで、歴代スパイダーマンと比較してかなり恵まれた状況にあります。過去作のスパイダーマンは大体貧乏だったり、良かれと思った行動が報われなかったりすることが多かったですからね…(と思ってたらそんなに甘くはなかったよ…)

ハッピーがメイおばさんとちょっといい仲(?)になってたのも驚いた。アニメのスパイダーマンだとメイおばさんはコールソンと仲良かったのになぁ

さて今回の新キャラはミステリオ

スパイダーマンを助けて戦う心強い仲間…って、

え~~~~~~~~!!!

原作知っていたら騙されるはずがありませんわ(苦笑)ミステリオはスパイダーマンでも代表的なヴィランですからねぇ。ただMCUシリーズはスクラル人の設定を大幅に変えた過去がありますから、もしかしたら本当にいい人なのかもという疑いはちょびっとだけ持っていました。

だからまあ、酒場のシーンで正体現したところは「やっぱり!」と思ったわけですが、その直前までのいい人の演技がとても良かっただけに、そこからの落差が強烈でした。眼鏡かけた顔がスタークに微妙に似ていたところもズルい!こいつマジムカつく!

※実際「アース833からこのアース616にやってきた」とか言いだしたときは少し信じてしまいました。ちなみに設定では833は次元跳躍ができるスパイダーUKの世界616は言わずと知れたマーベルの正史世界(コミック原作世界)の番号です。

酒場のシーンではミステリオの協力者が大勢出てきてまたビックリ。みんなスタークに恨み持ってる人達かよ(苦笑)

アイアンマン1作目でオバディアに怒られてた人が再登場するとか予想もしとらんわ!あと「シビルウォー」の序盤のシーンに登場したホログラム技術が今回のミステリオのホログラムに活用されるとか、まさかこんなふうに繋がってくるとは思いもよらず。思わず帰宅してからシビルウォーの序盤を見直して確認してしまいましたわ。

今回はアベンジャーズで活躍した「アイアンスパイダー」のスーツは序盤でしか活躍しませんでしたが、最後の戦いのために新しいスーツを構成するシーンはよかったですね。科学オタクの設定がちゃんと生きていますし、作業の動作がトニー・スタークと微妙に被って見えることで、次の世代をピーターが継ぐのだという印象が強くなりました。見守っているハッピーの表情もグッド。

ああそれだけに、全部片付いてハッピエーンドと思わせてからの急転直下がまた凄かった。唐突にデイリー・ビューグルのジェイムソン社長が出てきたのにも驚きましたが(役者さんがサム・ライミ版スパイダーマンで同じ役を演じたJKシモンズさんだったのはもっと驚いた(苦笑))ピーターの正体バレで続くってどういうことよ!やばい早く続き見せろ過ぎる!!正体バレはヤバイよ!シビルウォー(原作)のパターンだとメイおばさん重傷ルートじゃんか。どうしてもマーベルはスパイダーマンを不幸にしないと気が済まないのでしょうか…

あと、思えば今作は色々と「騙される」要素の多い映画でした。

ミステリオの正体やホログラム技術はもちろんですが、まさかフューリーの正体までスクラル人とかやってくれますわ!確かに本物のフューリーならあんな簡単に騙されるはずもないからなぁ…(そんな素直な性格じゃないからね)

フューリーも南国でバカンスかと思わせて(タヒチにいるのかと思いました)実は宇宙船の中。この宇宙船どう見てもスクラル人が乗ってますが、キャプテン・マーベルの時点でクリーに滅ぼされかけていた彼らがかなり勢力を取り戻している模様。今後の展開としてスクラルウォーは可能性低いですし、時期アベンジャーズの敵はやっぱりスクラルがらみで宇宙から来るのかしら?

時期「フェイズ4」の予定は…?

現在のところ、つぎの「フェイズ4」の公開予定はまだ発表されていないんですよねぇ。今のところ予想されているタイトルとしては

  • ナターシャ・ロマノフ
  • エターナルズ
  • ドクター・ストレンジ2
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3
  • ブラックパンサー2
  • シャン・チー
  • キャプテン・マーベル2
  • スパイダーマン3
  • ファンタスティック・フォー

なんて名前が上がっていますが、本当のところはまだ分かりません。トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドとトム・ホランドの3人のスパイダーマンが共演する作品の噂まであるくらいですから(ホントかよ…?)

そのうちX-MENのリブートもありそうですし、正式発表が待ち遠しいですね…

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-映画など映像作品の感想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル