壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

海外ドラマ

【AOS】シーズン7第6話「順応か死か」あらすじと情報整理と感想※ネタバレあり【エージェント・オブ・シールド】

投稿日:

(以下、ネタバレ全開です)

シーズン7 第6話「順応か死か」のあらすじ

衛星を撃墜しインサイト計画を阻止したゼファーだったが、クロニコムの技術でアップデートされたライトハウスの迎撃システムによってミサイル攻撃を受け、大きなダメージを負ってしまう。

しかしシモンズは知っているはずの修理方法が分からない……

一方、ナサニエル・マリックに捕らえられたデイジーとスーザは薬で自由を奪われる。ナサニエルはヒドラとは別に行動しており、ホワイトホールの研究を使ってデイジーの能力を自分に移植しようとしていた。

マックとヨーヨーは罠を承知で両親の救出に向かう。無事2人を見つけ出すが、脱出は容易ではなかった……

デイジーは大量の血を奪われ昏倒してしまうが、薄れる意識の中で機転を利かし、スーザは脱出に成功。デイジーを抱きかかえて逃げ延びる。

ライトハウスで捕らわれていたコールソンとメイは、ストーナー将軍の側近がクロニコムであることに気付く。将軍もクロニコムに顔を奪われそうになるが、コールソン達は寸前でこれを食い止める。

コールソンは地下に隠されていたクロニコムの宇宙船に侵入、そこでクロニコムの”予測者”シビルと対面する。対話を行うがシビルに歩み寄る意思はなく、コールソンは宇宙船内で自爆しクロニコム船を破壊する。

将軍の信頼を得たメイはマックと合流、クインジェットでゼファーへ向かうが、メイはマックの両親が既にクロニコムに入れ替わっていることに気付き……

情報を整理してみる

  • 本来の歴史では、この日マックの家族はピクニックに行っているはずでした
  • ミサイルでダメージを負ったゼファーはシールディング装置が破壊され、このままジャンプすると機体が崩壊してしまう状態になってしまいます
  • ザンダー星のカタツムリはシーズン6でもネタにしていましたね。ザンダー星とは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で決戦の舞台になった星です
  • デイジーは血液と髄液を奪われ、それがナサニエルに移植されます。シーズン2でホワイトホールがジャーイン(デイジーの母親)を使ってやっていた研究と同じです。しかしナサニエルは上手く力を制御しきれないようです。
  • シモンズの脳には生体インプラント”ダイアナ”が埋め込まれており、それによって記憶を封じていました。インプラントは最近不調で、ゼファーの修理のためにはインプラントを調整する必要がありましたが、事情を知らないディークが邪魔をしてしまいます
  • フィッツはクロニコムの行動の全てを観測できる場所にいるらしいのですが、その居場所は絶対の秘密とのことです
  • マックの両親は既に殺されていました……
  • 何とか修理したものの機能が不安定なゼファーは、傷心のマックとそれを追いかけたディークを置き去りにしたままジャンプしてしまいます……

今回の感想

きゃー、またコールソン死んだーーー!!!!!(苦笑)

今回は体も完全に吹っ飛んでいますから、復活するにしてもまた昔の記憶から作り直しでしょうね。コールソンとシビルの問答は結構重要だったと思うのですが、その辺の記憶はコールソンからなくなっちゃうのかしら?

何度死んでも蘇るコールソンに対し、メイ姉さんが腹を立てて心情を吐き出すのが実にメイ姉さんらしくて良かったですね。今シーズンは感情を抑えた演技ばかりなので、こういう荒々しいメイ姉さんは久々な感じです。

でもメイ姉さんはやっぱりクロニコム見分け係なんですね(苦笑)便利だなぁ

ナサニエルがデイジーの能力を得ても上手く制御できないのは、デイジーも昔通った道ですね。これ使いこなせるようになるのかしら。なったらなったで面倒くさそうですが……

マックは両親が死んじゃって茫然自失なうえに、何年なのかも分からない時代に置いて行かれてしまいました。次々に災難が降りかかりますが、どーするんでしょこれ。

イノックと違って次にゼファーと会えるまでに歳を取ってしまうでしょうし、マックもコールソンもいなくなったとするとシャレにならないレベルでチームの危機なんですが……?







-海外ドラマ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル