壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

映画

【映画】随分待たされましたよ……ブラックウィドウを見てきた!【感想】

投稿日:

Black Widow(原題)

無茶苦茶待たされましたが、マーベル・シネマティック・ユニバース、フェーズ4の第一弾になるはずだった作品「ブラックウィドウ」が劇場公開です。

当初の公開予定は去年の5月でしたから、実に1年以上の遅れですよ。

その間にドラマシリーズの方が先にフェーズ4の展開を始めてしまっていて、なんとも調子の狂うスタートになってしまいましたね。

以下感想です(ネタバレあり)

ブラックウィドウさんはエンドゲームでお亡くなりになっていますので、今回の映画は当然ですが過去話です。

新フェーズというのに初っぱなから過去話をやるということは、当然ながら今後のシリーズに向けての伏線回になるのはすぐに予想できるところです。

実際ストーリーの方はあまり意外性などもなく、かなり順当な出来でした。

過去に因縁のあるキャラクターが出てきて、ガチャガチャと戦って、最後はド派手な破壊シーンがあって勝利して終わるという、基本フォーマットそのままでしたよ(苦笑)

時系列的にはシビルウォーの空港での戦いからラフト刑務所に捕らわれている仲間を助け出すまでの、えらくピンポイントな間の出来事でした。

なのでブラックウィドウさんの他は馴染みのキャラクターは一切登場せず、皆さん新顔です(馴染みの方々は台詞で触れられる程度)

この中でこれから後の作品に連続して登場しそうなのは、やはりタスクマスターと妹のエレーナさんでしょうね。エレーナはおそらく2代目ブラックウィドウを襲名するんじゃないかしら。

タスクマスターさんはコミックの方では有名な人気キャラクターですがMCUには初登場。

妙にロボット的な描写をしていたので、ロボコップ的な脳みそだけ使ったサイボーグ的なキャラに改変されたかと思いましたが、そういうわけではありませんでした。まあチップを頭に埋め込まれているということでサイボーグには違いありませんけどね。女性が演じるというのは時代の流れでしょう。

一方のエレーナさんの方は次の「ホークアイ」のドラマに登場することが確定してますし、エンドロール後のシーンでクリントの暗殺を指示されていましたのでガッツリとストーリーに絡んでくると思われます(あのシーンはナターシャさんのお墓が出てきましたので「エンドゲーム」より後なのは確定ですね)

そのエレーナさんに暗殺を指示していたおばさんはヴァル女史でした。

本当ならこの映画が初登場になるはずだったのですが、「ファルコン&ウインターソルジャー」に先に登場してしまいました。USエージェントをスカウトしていたおばさんです。

ヴァル女史は順調にメンバー集めをしている様子で、おそらくコミックにある「サンダーボルツ」を結成する方向に行くのではないかと思います。

ニック・フューリーの方もモニカ・ランボーに声をかけたりしてますから、そっちはそっちで新生アベンジャーズを用意してそうですし、最近ドラマに登場しているキャラクターを見るとヤングアベンジャーズも結成できそうな雰囲気です。

まあその辺は今後の楽しみと言うことで、じっくり付き合っていくことに致しましょう。

後は細かい感想など

ソ連版キャプテン・アメリカことレッド・ガーディアンが良い味を出してました。

もうホントダメ親父なんですが、これが憎めないキャラで良かったですわー。今回吹き替えで見てきたんですが、大塚明夫さんのカッコイイ声でダメ親父なのが最高です(苦笑)

それを受ける奥さんのメリーナさんの方を田中敦子さんが当てる、というのが非常に良く分かっているキャスティングですね。

レッド・ガーディアンさんは80年代にキャップと戦ったみたいなことを言ってましたが、台詞にあったようにその頃のキャップは氷の下です。もし超人と戦ったとすれば、ウインターソルジャーさんかドラマの方で出てきたイザイアさんかも知れませんね。

しかしこの世界にはクリムゾン・ダイナモさんもいるのか……(笑)

タスクマスターさんのアクションは今回の見所の一つですね。キャップを模倣したアクションを一番多用してました。

あとはホークアイとブラックパンサーの動作はかなり分かりやすいところ。ウインターソルジャーさんのアクションも入ってましたね。

今回は全体的に暗くて辛気くさいお話ではありましたが、ダメ親父が良いコメディリリーフになってましたし、スーパーヒーロー着地を繰り返しギャグに使っていたりして、意外と印象としては陽気さもあって楽しめました。

あとは最後のシーンになってナターシャの髪型が「インフィニティウォー」の際の髪型に変わるのが芸が細かくて良かったですね。ちゃんと辻褄を合わせてます。

あのシーンでは超有能な調達屋さんが面目躍如で、この人も再登場が期待できそうな感じです。







-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル