壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

映画など映像作品の感想

【映画】ヴェノムを見てきた【スパイダーマンは出ません】

投稿日:2018年11月9日 更新日:

Venom(原題)

遅ればせながら、ヴェノムを見てきました。

ヴェノムと言えばスパイダーマンに登場するヴィラン(悪役)として大変有名ですが、日本ではあまりメジャーとは言えないかもしれませんね。サム・ライミ版のスパイダーマン3の映画で登場したのが最も有名でしょうか。格闘ゲームファンなら「マーベルvsカプコン」シリーズで始めて知ったという人も多いかも。

本来のヴェノムは最初にスパイダーマンと共生したことでスパイダーマンの外見と能力をコピーし、あの黒いスパイダーマンのような姿になるのですが、今回の映画は大人の事情によりスパイダーマンが出られないため、とくに脈絡も無くあの姿になってしまいます。さすがに胸にあるはずの蜘蛛のマークについては無くなっておりますが・・・

制作のソニー側としてはスパイダーマンとつなげたい意思はあるようですが、現在はマーベル側から否定されてしまっていますね。一応あとからでも繋げられるようにということで今回はサンフランシスコを舞台にしているようです。ニューヨークを舞台にしてしまうとマーベルシネマティックユニバース(MCU)に関連のある場所や人物に触れざるを得なくなってしまいますからね(というかニューヨークはマーベルヒーロー多過ぎ)

それでも台詞の中で「NYのデイリー・グローブ社」とか、宇宙飛行士の名前がジェイムソンだったりとか、伏線なのかファンサービスなのかスパイダーマン関連の名称がちょこちょこ出てくるので、今後に少し期待したいところではあります。

まあスパイダーマンが居ないなら居ないで話が成り立つ作りにもなっていますし、いずれにせよマーベル側はなかなかOKしないでしょうね(とはいえ、今のところこの映画のアースが何番になるかは公表されていない模様です)

以下感想です(ネタバレあり)

予告の煽り文句が「最も残虐な悪(ダークヒーロー)が誕生する」となっておりますので、予想していたのは残虐シーン多めの展開とか、寄生されたエディ・ブロックとヴェノムの対立や対決だろうと思っていたのですが、予想とはだいぶ違いました。

簡単に言うなら、エディとヴェノムのバディムービー

もっとかみ砕くなら、「寄生獣」か「ど根性ガエル」(苦笑)

そりゃあ寄生されて最初の方では「俺なんでこんな化け物に取り憑かれちゃったんだよ!!!」という絶望感的な雰囲気がありましたが、ヴェノムが「彼女に謝るなら今しか無いぞ」と恋愛アドバイス(笑)始めたあたりから「あれ?なんか思ってたのと違う!」「結構イイ奴じゃねーか!」状態に。

しかもヴェノムのやつ「俺の弱点は音、それと火」とかペラペラしゃべるし、「そいつはいい人だから食べちゃ駄目!」と言えば言う事聞くし、なんなんだこの駄犬は(苦笑)

全然最悪のダークヒーローじゃねぇ!!最後の方は普通にヒーローしてるし!!

予告通りのダークで残虐な雰囲気は前半だけで、後半はコメディ要素がだいぶ幅をきかせた印象です。

ストーリー自体の方はあまり語るべきところが無いですね。特に捻った展開もないし、ヒーロー物の誕生として手堅い展開でした。

あとは次回作への伏線、カーネイジになる連続殺人鬼のクレタス・キャサディが登場したのはサプライズですね。でもどうやってカーネイジになるのかはちょっと謎です。今回冒頭で地球に持ち込まれたシンビオート4体はヴェノムを残して全滅しているはずなので、新たに別のシンビオートが地球にやってくるのか、原作に準じてヴェノムから分離するのか。

そのあたりは次回のお楽しみなのでしょうが、カーネイジが出てきたらヴェノムだけでは全く勝ち目が無いので、ここはやはりスパイダーマンにも参戦いただきたいところではありますが・・・

そのスパイダーマンと言えば、全く登場しないかと思っていたら意外な登場がありました。

やたら長くてうんざりしていたエンドテロップで、楽曲リスト中に「Into the Spider-Verse」のテーマがクレジットされているのを見つけ、何で???と思っていたら、最後の最後に「スパイダーバース」の予告が流れました。この予告が長い。ちょっとこれは良くなかったんじゃないかなぁ。スパイダーバースを知らない人には意味が分からなかったでしょうし、やるにしてももう少し短く、普通に予告の体裁で良かったんじゃないかと思いますね・・・

↓余談ですがこちらもオススメ。グウェン・プールまでヴェノム化とか吹くわ

created by Rinker
¥2,530 (2019/11/18 08:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-映画など映像作品の感想
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル