壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

映画

さようなら!見てきたぞシン・エヴァンゲリオン!【ネタバレあり感想】

投稿日:2021年3月8日 更新日:

(ネタバレを含みますので御注意下さい)

長年のモヤモヤもこれで最後です

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見てきました。

いや~長かった。テレビシリーズを第一話からリアルタイムで見ていた世代なので最初から最後までキッチリ付き合ってしまったことになります。

最初は1995年ですからねぇ。もう25年半も前ですよ。

これだけの長い時間がかかって、やっと見終わったという気持ちになれました。

そう今回の映画は、細かい部分で賛否両論はあるとしても、間違いなく最終回をやってくれました

単体の映画としてはそれほど出来の良い映画ではありませんでしたが、思った以上にちゃんと決着を付けてくれたので満足しています。終わらせるという目的はちゃんと果たせたと言えるでしょう。

やるべき事をちゃんとやってくれた

正直今回も登場人物達が何をやってるのか良く分からないところだらけです(苦笑)

ただ作品の重要なテーマとしてシンジ君とゲンドウとの親子の関係があるわけですが、これまでの作品はずっとこの二人が向き合って決着を付けることの無い状態が続いていました。

ここをちゃんと描かなければいつまで経ってもエヴァンゲリオンは終わらないというのは流石に作る側も分かっていたようで、今回はしっかり向き合いました。

まあ相変わらずゲンドウパパは偉そうなこと言ってても目的はアレなんで到底大人の父親という印象ではないのですけどね(苦笑)

しかしここを避けていては物語の着地はありません。

ああやっとここに切り込んでくれたのかと、見ていて感慨深かったです。

でも若い頃のゲンドウパパの気持ち、俺も良く分かるんだよなぁ。自分も凄く似たところあるもので……(あんなにスペックは高くないですけど)

過去のシリーズの総決算

メタネタ的ではありましたが、テレビシリーズや旧劇場版についても平行世界の一つとして、直接は繋がらないにしてもフォローしてくれたのは感心しました。

特に、散々物議を醸した「まごころを、君に」のラストシーンを回収してくれたのは凄く良かったです。長年のモヤモヤを塗り替えてもらえた気がします。

でも「さようなら全てのエヴァンゲリオン」と言って片っ端にエヴァシリーズを串刺しにしていくなら、ちょっとサービスで旧劇量産機も混ぜてあげても良かったんじゃないかしら(苦笑)

あのシーンは次々と機体が入れ替わって「ああそれもエヴァシリーズだったんだ!」って感じで笑えましたけどね。

あとは細かい感想を色々と

戦闘シーンは描き込みは細かいし動きも凄いのですがゴチャゴチャして何やってるのかが分かりにくく、今ひとつ見にくい感じ。やはりメカ戦は演出や脚本が伴ってこそだなぁと実感。

親子のエヴァンゲリオン対決は、初号機と13号機がほぼデザイン同じなのでどっちがどっちなのか分かりにくかったのと、さらに特撮セットの中だのミサトさんちの居間だの教室だので戦いだしてとってもシュールな映像に。なんじゃこりゃ感がものすごかった(苦笑)

戦闘シーンの中で一番笑ったのはヴンダーの艦隊戦のシーン。BGMが映画「惑星大戦争」そっくりじゃねーか!と思いながら見ていたのですが、エンディング見たら原曲そのまま使ってました(苦笑)相変わらず古い特撮リスペクトに遠慮が無いですねぇ。

序盤の展開では延々と農村の暮らしを描いていたので、この調子で大丈夫なのかと不安になりましたが、ここはちゃんと意味があって良かったです。

トウジはてっきり死んだと思っていたのに登場してビックリ。ケンスケともどもいい大人に成長していました。ゲンドウ氏よりよっぽど大人。

ケンスケは描写の節々からアスカとの親密な関係が感じられていたのと、アスカの台詞にも14年間に起こった変化がうかがえていたのですが、これがなんとメインヒロイン交代の伏線だったとは思いもよらず。

まさか、シンジ×マリエンドになるなんて誰が予想したことでしょう!! この映画最大のサプライズはこれでしたね!!

これはいろいろと荒れそうだなぁ(苦笑)

でもシンジ君とアスカ双方が「昔は好きだった」と過去の気持ちを告白して別れたのも、なんだか凄く最終回らしくて腑に落ちるのです。

created by Rinker
¥300 (2021/04/14 17:01:48時点 Amazon調べ-詳細)







-映画
-

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル