壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

自転車の話題

BBBaseハルヒル臨時号に乗って榛名山ヒルクライムに行ってきた【感想】

投稿日:2019年5月20日 更新日:

第7回榛名山ヒルクライムin高崎に行ってきました

2019年5月19日開催の榛名山ヒルクライム(通称ハルヒル)に行ってきました。

膝を壊したりしてここ2年ほど参加していなかったため、実に3年ぶりの出場です。

ハルヒルは会場が高崎駅から10km少々の距離のため首都圏からの交通の便がよく、私は毎回新幹線で輪行して現地に向かい高崎駅周辺のビジネスホテルに泊まることにしていました。

しかし輪行はやはりそれなりに手間がかかります。

パッキングや運搬は慣れているのでそれほど問題は無いのですが、東京駅の人混みを縫って移動したり列車内に自転車の置き場を確保するのが苦労するのです。

ところが今回、自転車をそのまま列車内に持ち込める電車「BBBase」(BOSO BICYCLE BASE)が高崎まで臨時便を出すというではありませんか。

(公式サイト →こちら

普段はその名の通り房総方面への運行しかしていない特別列車なので千葉県住まいの私にはあまり魅力が無かったのですが、高崎まで行ってくれるならこれは便利そうです。そこで利用してみることにしたのですが…

BBBaseの良かったところ(特に料金はお得)

利用にあたって良かったところとしては

  • やはり自転車をそのまま持ち込める手軽さ
  • ゆったりとした座席
  • 料金がかなりお得

が挙げられるかと思います。

いちいち輪行袋にパッキングしなくていいですし、重い自転車を担いで歩く必要もありません。

リクライニングシートではありませんが座席も広くゆったりしています。

そして料金ですが、

  • 往復料金 5500円(宿泊は別)
  • 高崎ターミナルビル5階レストランおよび2階「群馬いろは」共通利用券1000円分付き

となっていました。金券1000円が付いていますので、実際の運賃は片道2250円と言うことになります。

通常の片道普通運賃は両国~高崎間で1940円、東京~高崎間の新幹線自由席特急券が2470円です。他の一般乗客を気にしなくて良い専用列車でこの料金というのは格安と言えますね。素晴らしい。

BBBaseの悪かったところ(時間につきる)

対して欠点としては

  • 乗降駅が両国駅限定
  • 乗車時間が長く復路の運行時間が遅い

BBBaseの乗降に使われるのは両国駅です。普段使われていない両国駅の3番ホームにはBBBase専用の出入り口があり、自転車のままスムーズに乗り降りが出来るようになっています。

私は両国駅まで自走で1時間かからずたどり着けますが、両国駅まで遠い方はここにたどり着くまでに輪行する事になってしまいますね。

そして今回最大のネックだったのが「時間」

正直、今回の利用に際して一番悩んだポイントがここにあります。

  • 往路 両国駅 5月18日 8:26発~ 高崎駅着 12:17
  • 復路 高崎駅 5月19日 16:00発~ 両国駅着 20:59

行きはいいんですよ。昼には現地入りしているのですから問題は全く感じません。問題は帰り。

16時発というのがまず遅い。新幹線輪行で速攻帰宅していたらもう家に着いている時間です。

それと所要時間。乗り換え案内で両国~高崎間を普通に検索してみると、新幹線を使えば1時間37分、普通電車だけで移動しても2時間2分という結果が出てきます。

それに対し今回の臨時便の往路は約4時間、復路はほぼ5時間です。

通常ダイヤの中に臨時便を割り込ませるため余計な調整時間がかかるのは分かるのですが、特に復路で帰宅時間が遅くなってしまうと利用を躊躇してしまいます。疲れているから早く帰りたいですものね…

実際の運行状況と感想

さて実際の運行の様子です。

自転車ラックはさすがによく考えて作られています。しっかり固定できて安心感あります。そして利用状況ですが、案の定ガラガラでした(苦笑)

満席の半分どころか1/3も居なかったんじゃ無いでしょうか。確実に採算割れしてると思います。おかげでかなりゆったりと利用できて、私は2人掛けのシートを一人で使っていたのですが、4人掛けシートを一人で使っている方も居て、それで全く問題にならない程度の乗客数でした。

利用者としては楽でいいんですけど、これじゃあ来年は運行しなさそうだなぁ…

車内にはラウンジ車両などもありますが、物販はおろか自販機も無し。うっかり食料を仕入れずに乗ってしまうと到着までの4~5時間飲まず食わずになってしまいますのでヤバイですね。

【往路】
両国発 8:26
千葉駅着(!) 9:12
戻って両国を通過 9:49
新宿で時間調整 10:05~10:18
大宮通過 10:53
高崎着 12:18

いやはやいきなり逆方向の千葉方面に全力で走り出したのには驚きましたよ(苦笑)ダイヤの都合があってのことでしょうが、一体どんなコースで高崎に向かうのかドキドキしながら景色を見てました。

【復路】
高崎発 16:00
新前橋で時間調整 16:10~17:01
戻って高崎を通過 17:20
さいたま新都心で時間調整 18:45~19:17
王子通過 19:33
駒込通過 19:36
新宿通過 19:47
両国通過 20:01
津田沼で時間調整 20:20~20:35
両国着 20:58

いきなり前橋方面に走り出しますし時間調整もやたらにありましたが、もう驚きません。しかし帰りがやたら時間かかる原因はこの時間調整か…正直津田沼で下ろして欲しかったなぁ(その方がすぐ帰れる)

来年は多分運行しないんじゃ無いかとは思いますが、もし続行するならこの時間の見直しだけは切にお願いしたいですね。電車に乗り疲れましたよ。あとせめて自販機は設置して…

それと駅で時間調整に停車していると、珍しい電車が停車しているというのでやたら写真撮ってる人を見かけました。まあ通常ならこの車両が通るはずの無い路線を走っていたわけですからね。でも窓越しに顔を撮られたく無かったので停車中はずっとマスクとサングラスしてましたよ(苦笑)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-自転車の話題

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル