壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S7第20話「新たなる旅路」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン7 第20話(通算172話)「新たなる旅路」”Journey’s End”のあらすじ

ウェスリーはアカデミーの休暇を利用してエンタープライズに帰ってきていた。しかし彼の表情はあまり明るくはなかった。

エンタープライズはナチェフ中将からの命令でドーバン5号星の住民を移送することになった。カーデシアとの新たな境界線が制定されたためそれに伴う移住措置だったが、事実上強制退去のようなものだった。

ドーバン5号星にはアメリカインディアンの子孫が暮らしていた。彼らは流浪の民として200年宇宙をさまよった末に、この星に落ち着いたのだった。

ピカードの説得は失敗し、艦隊司令部は住民の強制退去を命じる。

インディアン達の一人ラカンタがウェスリーに話しかけてくる。ラカンタは彼らの聖域 ”ハバック” にウェスリーを案内する。そこでウェスリーは父の幻影に出合う。

カーデシアのガル・イベックがインディアン達の村へとやってきた。もはや時間の猶予はない。

だが強制的に転送しようとするウォーフの行動はウェスリーによって妨害される。ピカードは激怒し、ウェスリーはアカデミーの退学を申し出る。

インディアン達が調査に来たカーデシア人を捕虜にしたため戦闘に発展してしまうが、ピカードはイベックを説得しなんとか事態を収拾する。

ラカンタの正体は、あの「旅人」だった。彼はウェスリーを次の段階へと導くと告げ、ウェスリーもその言葉に従う。

インディアン達は連邦の市民権を放棄し、ドーバン5号星に残ることを決意する。惑星はカーデシア領になるが、全て納得の上でのことだ。

ウェスリーも彼らと共に残り、新たな生き方を探すことにするのだった……

補足情報や感想など

  • アカデミーでウェスリーと一緒に不祥事を起こしていたシトー少尉は卒業済み(シーズン7 第15話「若き勇者達」参照)だったのに、ウェスリーはまだアカデミーの生徒です。落第寸前だそうですし、色々あったんでしょうねぇ……
  • ナチェフ中将は相変わらずの態度ですが、ちょっとは丸くなった様子を見せますね
  • ピカードの23代前のご先祖様はスペイン人で、インディアンを虐殺した侵略者だったそうです。ごせんぞー
  • ウェスリーが艦隊から抜けてしまうのには当時から正直あまり納得いかなかったんですよねぇ。
    ですが後にしれっと復帰した姿が劇場版「ネメシス」で見られます(えー)
    ※一応小説ではライカー指揮下のU.S.S.タイタンに勤務するそうですが、これを公式設定と考えていいのかはハッキリしていません。個人的には「ロワーデックス」辺りでその辺を描いてくれないかと期待しています
  • ウェスリーが開眼した新しい能力は完全にスター・プラチナ……(苦笑)

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル