壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S2第18話「クワークの愛」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン2 第18話(通算38話)「クワークの愛」”Profit and Loss”のあらすじ

故障したカーデシア船を収容し、乗員のナティマ・ラング教授と生徒のルケラン、ホーグの3人を救助する。

ナティマはクワークの顔を見るなり平手を食らわすが、クワークは大喜びしオドーを驚かせる。

彼女はオドーがステーションに来るよりも前にクワークの店で働いており、カーデシア情報サービスの特派員でもあった。そして2人は恋人同士だったのだ。

ナティマの生徒2人は、実はカーデシアの軍部から追われていた。反体制派の活動家であるためだ。

クワークは今でも彼女を愛していたが、ナティマの態度は冷たかった。そしてガラックはクワークに対し、彼女と関わらないよう暗に忠告する。

ステーションにカーデシアの戦艦が接近してくる。通信に応じない戦艦に対し、攻撃態勢を整え緊迫状態となる司令室。そこにガラックが現れる。

ガラックはルケランとホーグの2人をテロリストと呼び、速やかに2人をカーデシア政府に引き渡すよう忠告する。

クワークはナティマが残ることを条件に、禁制品の遮蔽装置の提供を提案する。ナティマとクワークは条件を巡って言い争いになるが、その結果まだ2人の愛情が消えていないことを確認し合う。

だが脱出作戦の実施前に3人は逮捕される。

ベイジョー政府が3人の身柄とベイジョー人捕虜との人質交換に同意してしまったのだ。

クワークはオドーに頭を下げ、密かに3人を救い出し脱出させようとする。

カーデシアの司令官ガル・トランが彼らの前に立ちはだかるが、意外にもトランはガラックによって射殺される。

クワークとナティマは、愛し合ってるが故に別れを交わし、彼らはステーションから脱出していくのだった。

補足情報や感想など

  • フェレンギ人とカーデシア人とのロマンスとはなんとも意外というかビックリですね!
  • ガラックとクワークが互いの腹を探り合う会話は緊迫感あって絶妙な脚本でした
  • オドーがオブライエンから借りて読んでた小説はミッキー・スピレーンの ”I, the Jury ”(探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!)とのこと。ハードボイルド小説の古典ですね
  • 本気で頭を下げるクワークと、それに答えるオドーの間には確かに友情が感じられてグッときます
  • 今回のキーパーソンはやはりガラックですね。
    ガラックは追放されてステーションに居るそうですが、まだ中央司令部とのパイプも持っているようです
    また旧知のガル・トランを撃ち殺したのは、反政府活動家の2人を殺して殉教者にしてしまうのを嫌ってのことであり、愛国心を失っているわけではないようです
  • このあとの事後処理が大変そうな気がしますが、そこまで描いてしまうのは野暮というものでしょう

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。