壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄を広く浅く掘り下げる、何でもありのブログです

プラモデルの話

入門用エアブラシ(スパーマックス)からのステップアップを考える

投稿日:2020年1月13日 更新日:

新しいエアブラシが欲しい!

私は現在、入門向けエアブラシのスパーマックスを塗装作業のメインに使っています。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥5,680 (2020/02/24 15:57:57時点 Amazon調べ-詳細)

安価な製品ですがダブルアクションの0.3mm口径で汎用性が高く、だいたいのことは十分にこなせますので、長い間これを愛用しています。

ですが最近細かい吹きつけをする際の塗料の粒子の飛び方に不満を覚える様になってきました。また吹きつけの最初と最後に大きな粒が飛びやすいのも気になります(丁寧に作業すれば防げるんですが、ちょっとした拍子に飛んでしまうことがあるのです)

そんなわけで、新しい物を追加購入したいと考え始めました。もう少し繊細な塗装にも挑戦してみたいですしね。

次に買うのはどんな物にするか?

実を言えばこのスパーマックスの他にも、もう一本エアブラシは所有しています。

トリガータイプの0.5mm口径です。

以前スーパーミニプラのキングジェイダーを塗ったときに、広い面積を0.3mmのスパーマックスで全部塗ったらこれが物凄く大変で、こりゃあもっと口径が大きくないと駄目だと思って購入した物です。

特に深く考えず、タミヤなら安心だろうとこれを選びました。ドバッと塗るにはトリガーの方が楽そうだったというのもありました(実際楽です)

広い面積を塗るときだけで無く、塗料をシッカリと乗せたいクリアーなどの吹きつけにも重宝しています。塗料が固まりやすいアクリジョンの吹きつけにもこちらの方がベターです。

ただこれから買おうというのはそれとは逆。ドバッと塗るのでは無く繊細な作業の出来る精度の高い物が欲しいのです。

エアブラシは各社から様々な物が販売されており、考え始めるとどれを選んだらよいのか、かなり迷ってしまいます。

折も折、ちょうどホビージャパン誌がエアブラシ特集をしていたのと、以前2018年にもエアブラシの特集をやっていましたので、この辺を参考にして選定してみることにしました。

created by Rinker
¥1,100 (2020/02/25 09:12:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1 (2020/02/25 09:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

プロは何を使っているんだろう…?

正直な話、ある程度の価格帯以上のエアブラシであれば、それほど精度に大きな違いは無いはずです。後は口径とか重量バランスとか、ちょっとした仕様の差しか無いだろうと思います。

一番良いのは色々なものを使い比べて自分に合う物を選ぶことですが、なかなかそうもいきません。そこでプロの方々が何を使っているのかを見てみました。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥8,582 (2020/02/25 09:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

やはりというか、使用している方が多かったのはこれでした。クレオスのダブルアクション。

ロボット物の模型ではお馴染みの野本憲一さんはメインで使ってらっしゃるそうですし、FAガールなどの作例で有名なurahana3さんはこれのプラチナタイプを使われているとのこと。横山宏さんやMAX渡辺さんも記事の中で褒めていましたので、やはりクレオスのエアブラシは最有力かもしれません。

ちなみにurahana3さんは他にエアテックスのXP-825もご使用とのことです。XP-825はこちら

created by Rinker
エアテックス(Airtex)
¥9,459 (2020/02/24 23:03:48時点 Amazon調べ-詳細)

このエアブラシは繊細な極細吹きが出来るそうなのですが、そのかわり圧力の高いコンプレッサーが必要なのだそうです。う~ん、うちの環境だとコンプレッサーまで買い換えないと使えないなぁ…

他のプロの方がご使用になっているエアブラシも見てみると、たとえばガンプラで有名なkeitaさんはウェーブのスーパーエアブラシがメインとのこと。

created by Rinker
ウェーブ(Wave)
¥6,373 (2020/02/25 09:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはなかなかリーズナブルなエアブラシで、軽量なのが特徴の模様。長時間作業する方には軽さは重要なのでしょうね。

最近ホビージャパンエクストラ誌で表紙を飾ることが多い柚Pさんはエアテックスのエボリューションをご使用とのこと。

created by Rinker
エアテックス
¥14,147 (2020/02/24 14:29:19時点 Amazon調べ-詳細)

0.4mmという口径サイズが特徴で、濃いめの塗料をしっかり吹くことができるそうです。

また繊細な作業をしたいときはノズルの交換で口径を変えることも出来るそうなのですが、調べるとノズルセットだけで普通のエアブラシ並みの価格がします(苦笑)

う~ん、自分の場合0.5mmを既に持ってますし、0.3mmスパーマックスも普通の塗りには問題なく使えますから、買い足しとしてはやはりクレオスの0.2mm口径あたりを選ぶのがいいのかもしれませんねぇ。

結局なんだか物凄く無難なところに落ち着きそうです(つづく)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル