壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

本の話

不完全な書籍? 電子書籍利用者が気をつけるべき大事な事

投稿日:2018年12月3日 更新日:

便利ですよね電子書籍

皆さん電子書籍は利用していらっしゃいますか?

私はかなり初期の頃からkindleを利用しています。まだ日本でのサービスが開始する前からアメリカのAmazon.comでkindle3Gを購入し、自分でPDF化(自炊)した書籍を入れて持ち歩いてました(※紙の書籍をスキャナーで電子データ化する事をデジタル用語で「自炊する」と言います)

久々に取り出してみたら、すっかりバッテリーが亡くなっていました。

現在は日本のアカウントで、Kindle Paperwhite のマンガモデルを使用しています。電子インクモデルですので白黒表示しか出来ませんが、活字を読む事に関しては素晴らしい端末です。

これは日本のアマゾンで注文しましたので、日本のkindleストアで購入した本を読む事ができます。先の3Gモデルの方は.comのアカウントと紐付けされていましたので日本ストアの本は読めなかったのです。

Kindle Paperwhite も自炊データを入れてPDFリーダーとして使用する事が出来ます。この小さな端末に何百冊も入るわけですから、とてもスッキリして扱いやすいですね。私の場合は資格試験用の分厚い参考書や問題集を取り込んで、電車の中で勉強する用に役立てていました。

ちなみにマンガモデルと名付けられたモデルがあると言っても、マンガの表示は少々厳しい部分があります。画面サイズもそうですが、電子インクの特性からくる表示の遅さや、やはりカラーページが表示出来ないのも辛いところです。カラーページを綺麗に見たければ、Fire HD を使った方が良いですね。プライムビデオやNetflixなどの動画も楽しめます。

本を買ったものの・・・

さて、上の方で「日本のkindleストアで購入した本」と書きましたが、実はこれはあまり正確な表現ではありません。

これはとあるマンガの電子版と紙の本の価格ですが・・・

kindle版の方が若干安いものの、ほぼ同じ程度の価格ですね。流通の運送コストや店舗の販売コストを考えれば電子版の方をもっと安くしてもいいと思うのですが、そんなことはありません。

また電子版のマンガをよく見るとわかるのですが、電子データ化する際の解像度が低くて小さい描き込み文字が潰れていたり、カバー裏のおまけページが収録されていなかったり、と言った事が往々にしてあります。単にマンガを読むだけならよいとしても、単行本をコレクターズアイテムとして考えた場合には、これは残念としか言いようがありません。

ですから私の場合、本当に好きな作家さんの単行本は必ず紙の本で買います

正確には「所有」していない

そして最大の問題は、本そのものを所有してはいないという点です。電子書籍の場合、我々は本を購入してはいないのです。

ちょっと長いですが、AmazonのKindleストア利用規約からの引用です。

Kindleコンテンツの使用。Kindleコンテンツのダウンロード又はアクセスおよび当該料金(適用される税金を含む)の支払いが完了すると、当該コンテンツプロバイダーからお客様に対して、Kindleアプリケーションまたはその他本サービスの一部として許可される形で、Kindleストアより指定された台数の対象デバイス上でのみ、お客様個人の非営利の使用のみのために、該当のKindleコンテンツを回数の制限なく閲覧、使用、および表示する非独占的な使用権が付与されます(定額購読コンテンツの場合は、お客様が定額購読プログラムの有効な会員である限り。)。Kindleコンテンツは、コンテンツプロバイダーからお客様にライセンスが提供されるものであり、販売されるものではありません。

おわかりでしょうか。

要するにkindleストアで購入しているのは「その本を読む使用権」でしかないのです。それならもっと値段を下げてくれても良さそうなものですが、そんな事もありませんね(まあ、たまに半額セールとかやってくれたりはしますので、そういうときを狙ってまとめ買いするのも一つの手段ではあります)

つまるところ、Amzonなり出版社なり著作者なりが「この本はもう公開しません」と判断しライセンスを終了した場合、たとえ購入済みの本であってもその本は読めなくなる可能性があるということです。また何らかの理由でアカウントが停止されたり、まず無いとは思いますがkindle のサービスが終了という事にでもなれば、これまで権利を購入した書籍全てが読めなくなってしまう可能性だってあるのです。

実際に過去に終了した電子書籍サービスにおいて、購入した本が読めなくなってしまったという事例はいくつもあります。

それなら本のデータをダウンロードして保管しておけば問題ないかというと、そう簡単でもありません。

Kindle Unlimited を利用されている方にはピンとくるかと思いますが、登録している本の使用を停止すると端末にダウンロードしてあるデータも自動的に削除されます。Amazon側はネットワーク経由の信号で端末のデータを消せるようにしているのです。消されたくなければ端末をネットワーク接続しないようにするしかありませんが、今どきの端末はネット接続前提のサービスばかりです。スタンドアローンで使うのは現実的では無いでしょう。

本当に大事にしたい本は、やっぱり紙で買って手元に置くのが一番安全なのです

ただそうは言っても、せっかくお金を払った電子書籍、省スペースの利点も捨てがたいですし、なんとか手元に保存しておきたいと思うのも人情というものでしょう。

次回はその辺を少し考えてみます。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-本の話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル