壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

プラモデルの話

クレオスのラスキウスは発色がすごくイイぞ!【FA:Gグライフェン制作日記その5】

投稿日:2019年10月14日 更新日:

完成間近で足踏み中

本当なら今日はクリアー吹きをしてガール部分については完成にしたかったのですが、台風から続く雨のせいで湿度が高いため見送りました。

無理にやっても失敗する確率が上がるだけで良いことはありませんからね。特にクリア吹きは湿度の高い日はやめておいた方が無難です(以前手ひどくカブって失敗したことがあります)

前回から今回までの間で、仕上げクリアの一歩手前までは塗装が完了しています。今回はその辺の話。

クレオスのラスキウスを使ってみた

髪パーツの塗装にクレオスのラスキウスを使ってみました。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥418 (2019/11/17 22:52:48時点 Amazon調べ-詳細)

フィギュア塗装向けに調合されたクレオスの塗料シリーズです。先日の模型ショーでも展示されていました。自分で調合するにはちょっと難しい色合いですので利用価値が高そうです。今回はこの中からライラックという色を使いました。

 

ベース塗装をライラックで行い、シャドウ塗りにGXクリアバイオレット。次に薄めに溶いたライラックで全体を軽くオーバーコートしてから、ホワイトにちょっとだけライラックを足したものでハイライトを入れました。

発色がとても良いですね。

この色のイメージが一番合いそうなキャラというと「NEWGAME!」の涼風青葉(がんばるぞい)が真っ先に思い浮かびます。専用色と言っても良さそうなくらい合っている気がします(笑)

白と混色して薄い紫を作ってやれば紫系の銀髪キャラにも使えそうです(天使ちゃんとかプラメモちゃんとか)

その他の塗装

設定的に水中型ですから、おそらく紺色部分は水着のイメージなのだろうと思いましたので、水着っぽいテカリを入れた塗装をしてみました。

基本はMrカラーのブルーFS15044を使い、ホワイトを混ぜたものを重ねてグラデーション。その上からクリスタルカラーのサファイアブルーにフラットベース滑らかスムースを混ぜたものをオーバーコートして仕上げています。クリスタルカラーをテカリの表現に使おうと思ったわけですが、ちょっとメタリック感がキツかったかもしれませんね。

白い部分は先にブラックでシェーディングしておいてからホワイトに若干のライラックを混ぜた物を吹いて陰影を付けています。こちらはまだ仕上がっていないのでバラバラの状態です。

脚のパーツは一通り仕上がりましたので先に組んでしまいました。

メカっぽい部分はGXアイスシルバーを使いました。この銀色は独特の青っぽい色合いがあって単体でも魅力的なのですが、エナメルで墨入れすると引き締まって凄く格好良いのです。ちょっとメタルヒーローみたいな脚になってしまいましたが、おかげで生身の肌色が引き立ちます。

created by Rinker
ジーエスアイ クレオス
¥168 (2019/11/17 22:52:48時点 Amazon調べ-詳細)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル