フラットバーロード

ドロップハンドルのメリットとデメリット【ロードバイクのフラットバー化Part3】

投稿日:2018年7月18日 更新日:

ドロップハンドルの長所と短所

やはりこれについては一度考えておくべきでしょう。ネットなどの意見を参考にまとめてみるとドロップハンドルは

  • ポジションが多く疲れにくい (ただしこれはフラットバーでも工夫はできる)
  • 空気抵抗が少ないフォームをとれる (同上)
  • 長距離、高速巡航向き

というのが、主な利点といったところでしょう。

その上で絶対的なのが

UCI規定のレースには、ドロップハンドルでないと出場できない

というのがあります。

まあレースについては出ない人には関係ないですし、大抵のメジャーなヒルクライム程度ならフラットハンドルでも出られます。イベントによってはフラットバーオンリーのカテゴリーレースなんてのもあったりしますので、ガチでレースをやろうという人以外には、あまり大きな問題になることは無いんじゃないかと思います。

一方でネガティブな意見としては

  • プロじゃあるまいし、ちょっと大げさに見える
  • 扱いが難しそう
  • 前傾姿勢が怖い、視界が狭い
  • ブレーキがかけにくい

といったものがみうけられます。

自転車に興味の無い人からみると、やはりどうしてもドロップハンドル=競輪のイメージがあるみたいで、実際私も近所の人から「競輪選手でもやってるんですか?」と質問されて気恥ずかしい思いをしたことがあります。

あとは慣れの部分が多いですね。

さらに私の経験での実感から言えば、

  • 下ハンドルを握って高出力で漕げる(これはドロップにしか出来ない)
  • ちゃんと使いこなすには、ある程度鍛えた体幹が必要
  • ヒルクライム後の長い下りなどでは、慣れと技術が必要

といった特徴もあると思います。

特にヒルクライムの下山では、疲れているというのもあるし距離が長いというのもあって、割と怖い思いをすることがあります。ヒルクライムで事故が起きるのも大体下りですからね。以前ツールド沖縄行きましたが、下りはどうしても苦手意識があって遅いものですから、もうバンバン抜かれました。下手くそですね~

あと、これは固定観念的なものですが

ロードレーサーはドロップハンドルでなければならない!!

という意見も、ロード乗りの間では相変わらず根強いようです。

ショップにロードを持ち込んで「フラットバーに変えてくれ」と頼んだら、「折角のロードなのにもったいない!」と断られたという話もあるくらいです。まあそんな変更くらいは自分でやっちゃえばいいんですけどね。

それと一応、
ドロップハンドル自体も形状によって使いやすさが結構違ったりします。私が長年使っていたのはワンバイエスのジェイカーボンなんですが(今もうちにしまってあります)その前に使っていたJ-fitも使いやすくて好きでした。J-fitは値段もお手頃でしたしね。

どちらも日本人向けを意識して設計された製品なので、ドロップハンドルが苦手な人の選択肢としては、こういうものを試すのもいいかもしれません。

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-フラットバーロード

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル