壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

プラモデルの話

メガミデバイス・愛花ちゃん完成しました【アリス・ギア】

投稿日:

アリス・ギア・アイギス 相河愛花を作るよ(最終回)

暑くてだいぶ手が止まっていた日もあったのですが、何とか完成しました。次に控えている綾香お嬢の発売前に完成できて良かったです。まあその分作りかけの別のプラモが割を食っておりますが……

カラーリングは設定とは変えてますが、白を基調とした雰囲気は大きく変えず、全体的に青系統でまとめつつワンポイントで赤を入れたというところです。

工作や塗装関係

  1. 肌色は別の記事(こちら)で書いたとおりラスキウスを使いました。デカールはいつものやり方で貼ったのですが、この付属のデカールは印刷のドットが結構目立ちます。
    小さいデカールですので普通に見る分には大して気になる物でもないのですが、写真に撮ると目立ってしまいますね。一度気になると直さないと気が収まりません。エナメル塗料を使って簡単にリペイントしておきました。
    と、口で言うのは簡単なのですが、細かい筆塗りなので結構大変です。
    デカール貼りの後、一度ラッカーのスーパークリアー(光沢)で保護をかけてその上からエナメルで描くという定番作業です。ラッカークリアーで保護してありますので失敗したらエナメルは拭き取ってやり直しがききます。
  2. このキットはABSパーツはそんなに多くはないのですが、膝や足首などの力のかかる可動部や肌色パーツはABSですので塗装時には下処理が必要です。
    タミヤのPPプライマーやガイアのマルチプライマーなど定番の方法はありますが、今回は全てアクリジョンベースカラーで済ませました。
    要はパーツに生じている微細なクラックに塗装時の溶剤が浸透しなければいいわけですから、アクリジョンを塗ってクラックにアクリジョンの樹脂を先回りさせてしまえばいいわけです。
    水で薄めて筆塗りできるので手間が少ないですし、薄めにとけば塗膜も薄く出来ますので重宝します。
    ついでに合わせ目処理したところも軽く塗っておくと次の塗装が楽になります。下の写真なんかはベースホワイトの筆塗りだけで処理してます。結構綺麗に出来ますよ。
  3. 髪の毛はクレオス、ラスキウスのライラックをベースにGXクリアバイオレットでシャドウ吹き、これだけでもいいのですが今回はさらにピンクパープルをハイライトに吹いて赤味を加えています。
    色相をズラして一色足すという、いわゆるギャルゲ塗りです。
    created by Rinker
    GSI クレオス(GSI Creos)
    ¥388 (2020/09/30 06:49:46時点 Amazon調べ-詳細)
  4. 全体を青系統でまとめることにしたのでナーサリーライムの黄色い透明パーツは雰囲気が合いません。なので白と水色でグラデーションをかけて塗りつぶしてしまいました。
  5. 白部分は全体的にライラックでシャドウ吹きをしています。
    各所の細いラインはガイア・メカトロウィーゴカラーのみずいろ。メタリック箇所はシルバーの下地にGXディープブルーでキャンディ塗装です。
    ラインの塗装はほとんど筆塗りです。手間がかかりました……
    墨入れはクレオス・フィルタリキッドのレイヤーバイオレットを使いました。ライラックと近い色なので雰囲気を合わせやすくて良かったです。
    仕上げは例によってクレオス・スーパースムースクリアーです。

というわけで完成です!

ちょっとシャドウ吹きのまとまりが悪い箇所があるのが反省点。あとやっぱり細いラインの処理はミスってるところが多いです。

とはいえ割とイメージしていた雰囲気には近づけたので結構気に入っています。

それにしても出来上がってから言うのも何ですが……このカラーリングだとどっかの魔界天使のジ○リールさんみたいですね(苦笑)







-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル