壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

プラモデルの話

メガミデバイス・愛花の腰回りの改造検討

投稿日:2020年8月2日 更新日:

アリス・ギア・アイギス 相河愛花を作るよ(その3)

やる気があるうちに集中して作業を進めます。そうしないとやる気がドンドンなくなってきてしまいますので……(苦笑)

早速腰回りの改造を検討しますよ。

腰の部分は、同じアリス・ギア・アイギスシリーズのシタラちゃんからこのような構造が採用されたそうです。それ以前のメガミデバイス標準の腰回りとは少々異なります。

以前の物は股関節のT字パーツを下に引き抜けたので組み付けは比較的楽だったのですが、この構造だと抜くことが出来ずパーツの組み付けにも制限を受けます。

太ももについても、横に抜こうとしてもパンツが引っかかって抜けません。クリアランスもキツキツですので、このままでは塗装派には厳しいですね。

ここはやはりT字パーツを後ハメ加工してみることにします。このT字パーツはABS樹脂製とPOM樹脂製の2つが付属していますので、万が一失敗しても予備があるという安心感がありがたいです。

POMの方がABSよりも弾力があってハメ込みには向いていますので、こちらを加工します。

真ん中にモデリングソーで切り込みを入れてから、ニッパーで切り込みヤスリで仕上げました。軸がしっかり引っかかるように削りすぎないのがポイントです。ここは削り加減に注意が必要ですね。

試しにはめ込んでみたところ、パチンと音を立ててキッチリはまりました。保持力にも特に問題は無いようです。

ここが着脱できるようになるとパンツを履いていても太ももの着脱が出来るようになるため、組み付けが大変やりやすくなりました。

あとはスカートの取り付けですが、腰の左右に出っ張っているスカートを止めるダボは思い切って切り取ってしまいました。

このダボがなくなればスカートを組み上げた状態で下から差し込めます。

ダボがなくなったことでスカートが安定しなくなることを心配していたのですが、普通に定位置に入って安定してくれました。下から太ももに支持されていることで位置が安定してしまうんですね。

う~ん、ということはパンツと太ももは接触したままということか~

素組みで塗装せずに遊ぶならこの状態で問題は無いのですが、塗装を考えるとちょっとイマイチです。接触したままだとどうしても塗面が削れて傷になってしまいますので、パーツ間のクリアランスはどうしても欲しいところです。

となるとスカートを磁石で固定するなどして持ち上げて、太ももとの間には隙間を作ってやりたいですね。この辺はもう少し検討してみます。







-プラモデルの話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル