壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

スタートレック(TOS・TAS)

宇宙大作戦:S3第19話「6200歳の恋」あらすじや感想など

投稿日:2021年3月19日 更新日:

シーズン3 第19話(通算74話)「6200歳の恋」”Requiem for Methuselahのあらすじ

エンタープライズ船内でリゲル星熱病が発生した。

解熱剤のライタリンを採取するためオメガ星系の惑星ホルバーグ917Gに上陸したカークたちだったが、無人のはずの惑星にはフリントという地球人が暮らしていた。

フリントは地球では失われたはずの貴重な美術品や歴史的遺物を多数所有しており、またかなり高度な科学技術を持っていた。

カークはフリントの家族レイナと親しくなるが、どうもフリントはカークたちを引き留めようとしているようだった。

薬を入手するためフリントの研究室へ侵入したカークたちは、レイナがアンドロイドだと知る。

さらに、フリントは実は6000歳を超えており、ブラームスでありダ・ヴィンチでもあったということが判明する。

フリントはレイナに感情を学習させるためにカークと引き合わせたのだった。その目的は成功しレイナは感情を表すようになるが、その愛の感情によって苦しみ機能を停止してしまう。

カークはレイナの死を痛く悲しむのだった。

補足情報や感想など

  • 日本での初回放送時は通算第74話にあたるエピソードです
  • 伝染病でクルーが3名死亡です
  • リマスター版はフリントの屋敷の外観がCGでもの凄く綺麗なものになってるので違和感半端ねーです(苦笑)
  • クルーの命が危険で時間も限られているというのに例によって女性とイチャイチャしているカークには少々イライラします。そんなことしてる場合か!
  • 地球でも存在しないような絵画や楽譜が出てくるというあたりの謎解き要素はちょっと面白いです
  • 髪のないレイナが横たわっているところはちょっとボトムズの素体を思い出します
  • フリントは紀元前3834年のメソポタミア生まれ、ガリレオやソクラテスやモーゼとも知り合いだそうです。設定盛りすぎだなぁ。でもこの星に移住したことで不老不死の能力は失われたそうです

目次ページはこちら







-スタートレック(TOS・TAS)
-

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル