壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S1第6話「宇宙の果てから来た男」あらすじや感想など

投稿日:2021年4月6日 更新日:

シーズン1 第6話「宇宙の果てから来た男」”Where No One Has Gone Before”のあらすじ

U.S.S.フィアレス号からワープエンジンの専門家コジンスキー氏がやってくる。

彼は横柄で傲慢な人物だった。そしてコジンスキー氏の実験でワープエンジンが暴走し、艦は270万光年の彼方に飛ばされてしまう。

ウェスリーはこの原因がコジンスキーではなく、彼の助手のタウ・アルファ星人にあることに気づいていた。

帰還のため再度ワープを行うが、さらに暴走して10億光年の彼方に飛ばされてしまう。そこは思考が形となって現れる危険な空間だった。

助手は自らを”旅人”と名乗る。彼は能力を使ってエンジンパワーを高めることが出来るのだが、能力の使いすぎで衰弱しており、そのために制御が不安定になっていたのだ。

”旅人”は残った力と、乗員達の心の助けを借りて再度ワープを行う。艦は元の場所へ帰還するが、彼は消滅してしまう。

ピカード艦長はウェスリーの働きを評価し、彼を少尉代理に任命するのだった。

補足情報や感想など

  • 270万光年を一瞬で飛び越えた際、最大ワープで300年かかる距離だと言っていましたが、より速いヴォイジャーでも7万5千光年を75年ですので300年ではとても無理ですよ(胞子ドライブでもあればいいのですが)
  • コジンスキーの横暴ぶりがリアルに嫌な上司っぽくて大変いやらしいです。こういう人いるよね……
  • ウェスリーの報告を後回しにするライカーは迂闊でしたな。ここはライカーもちょっと嫌な上司風味でした
  • この頃はアーガイル機関部長がエンジニアのリーダーなんですね。全然印象に残っていませんでした……
  • ”旅人”はこれまで人類に興味がなく接触してこなかったそうです。一方でウェスリーが”旅人”と同じ資質と才能を持っていることを見い出し、ウェスリーの成長を見守って伸ばしてあげて欲しいとピカードに依頼します
  • クリンゴン・ターグは豚かイノシシにちょっと飾り物つけたような動物でしたね(苦笑)
  • ターシャの過去がちょっとだけ語られます
  • ピカードが死んだ母親と再会するシーンは短いですが心に染みます。感傷的ですが、SFらしくもあって良いシーンだと思います

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル