壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S4第7話「勇者の名の下に」あらすじや感想など

投稿日:2021年5月29日 更新日:

シーズン4 第7話(通算81話)「勇者の名の下に」”Reunion”のあらすじ

調査活動中のエンタープライズの前に突然クリンゴン艦が現れ、ケーラ連邦大使が訪ねてくる。ケーラはアレキサンダーという子供を連れていた。

ケーラによるとクリンゴン帝国は内戦の危機にあるという。

評議会総裁のクンペックが病床につき、2つの派閥による争いを押さえられなくなっているらしい。2つの派閥の代表、ガウロンとデュラスのいずれかがクンペックに毒を盛ったのだ。

クンペックはピカードにある依頼をする。暗殺者を突き止め、次期総裁には正しい者を選択して欲しいというのだ。最初は辞退するピカードだったが、この宇宙域全体の平和に関わる事態のため依頼を承諾する。

まもなくクンペックは死去し、2人の代表者がやってくる。

まずクンペックの死を確認する儀式が行われるが、爆破テロが起こり死亡者まで出てしまう。

ピカードは真相を突き止めるため、わざと古い儀式を採用して時間を稼ぐ。その結果テロに使われた爆弾にロミュランの技術が使われていたことが判明する。

この爆破テロはデュラスの部下による自爆テロだった事が判明し、さらにデュラスによってケーラ大使が暗殺されるに至って、ウォーフの怒りは爆発する。

ウォーフはデュラスに決闘を挑み、デュラスを打ち倒す。これによりガウロンが次期指導者に確定する。

ウォーフはアレキサンダーを育ての両親の元に送ることにし、自分が父親であることを告げるのだった。

補足情報や感想など

  • ケーラは地球人とクリンゴン人のハーフ。シーズン2第20話「愛の使者」で一度登場しています。ウォーフの昔の彼女です。こんなにあっさり死んでしまうとは……
  • 当然ながら、今回はシーズン3第17話「汚名 クリンゴン戦士として」とも密接な関連のあるお話です。と言うか直接的な続きですね
  • ウォーフとケーラの息子が登場しました。仕込みは前回の登場時ということになりますが、クリンゴン人は成長早いですねー
  • バトラフが画面に登場するのは今回が初めてですね
  • 自分の不名誉を息子に及ばせないために頑なに父親と名乗ることを拒否していたウォーフが、最後に自分が父親だと語るシーンが印象的です
  • デュラスは亡き者になりましたが、ウォーフの名誉は回復されないままなので、まだこの件についてはモヤモヤとした感じが残ります。全てが解決されるのはもう少し後のエピソードを待たねばなりません(というかウォーフの物語はDS9まで引っ張りますからね)

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル