壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

映画など映像作品の感想

【映画】実写版戦車道!? 良質な戦車アクションT-34を見てきた!【感想】

投稿日:

T-34 レジェンド・オブ・ウォーT-34(原題)

ロシア制作の戦車アクション映画「T-34」を見てきました。

ロシアでは大ヒットした映画だそうなのですが、残念ながら日本では知名度が低く上映している映画館も大変少ないです。

しかし内容の方は大変良質な戦車アクション映画でした。劇場数が少なく宣伝もあまり行われていないのが本当に勿体ないですよ!

ちなみに日本で戦車戦と言えばあの超有名なアニメーションを思い出すところですが、監督のアレクセイ・シドロフ氏は「ガールズ&パンツァー」については全く存じておらず、映画の宣伝のためにインタビューを受けた際に、インタビュアーから教えられて初めて知ったとのことです(苦笑)

以下感想です(ネタバレあり)

第二次大戦中のロシア軍とドイツ軍の戦いを描いた戦争映画ですが、この作品は戦争の悲惨さとかを謳った映画では無く、エンターテイメント性とアクションに振り切っています。これは監督が意図的にやっているとのこと。

ストーリー自体は、ドイツ軍の捕虜収容所から戦車を使って脱獄するというもので、これは大戦中に実際にあった事件を元にしているそうです。

同じ事件を原作とした「鬼戦車T-34」という映画もあるのですが、同じ事件を原作にしているというだけで、内容は大分異なるそうです(私は未見です)

created by Rinker
¥955 (2019/11/22 06:46:13時点 Amazon調べ-詳細)

で、ストーリーは本当にそれだけで実に単純明快。多少のロマンスなどはあるものの、戦車を使った男同士の戦いに焦点を絞っています。

そうそう!こういうのでいいんだよ!余計なテーマ性とかを下手に盛り込まず、一貫しているのが分かりやすくて素晴らしいですね。

こういったお話の主人公には対しては強力なライバルの存在が必要なのですが、ちゃんと用意されています。しかも序盤の初戦では主人公を打ち負かしているという強力なキャラクター性!いいね!

この時は髭を生やしてたので、私は再登場したとき同じ人物とは判別できませんでした(汗)正直外人さんの顔は見分けにくいです…

名前がイェーガーというので一瞬ビックリしましたが、当然あの有名な方のイェーガーとは全く関係ありません。大体こっちのライバルキャラはドイツ軍将校ですからね(有名な方はアメリカ空軍)

あとはとにかく、実物の戦車とCGを掛け合わせた戦車戦が見所でした。

後半の戦闘より序盤の戦闘の方が私は好きですねぇ。中隊規模のドイツ軍戦車部隊にたった1両の戦車とわずかな歩兵、そして少しの知恵と意表を突いた奇襲で互角の戦いをするというのは燃えます。

ああこれは確かにガルパン的だわ。大洗はいつも劣勢な戦いをひっくり返してきたからなぁ(苦笑)

収容所で戦車を直しながら脱走の準備を整えていく描写もワクワクしますし、油断しきっているドイツ軍が攻撃を受けて慌てふためく展開も実に痛快です。

最後が1対1の決闘というのもいい。ライバルとは差しでケリを付けるというのは定番中の定番ですが、これが良いんです。最後の瞬間に垣間見えるライバル同士の友情というのも分かっていらっしゃる。見事な幕引きですよ。

というわけで、上映館も少ないしおそらく上映期間もそんなに長くないでしょうから、見に行ける方には是非劇場での鑑賞をオススメしますよ!

created by Rinker
¥1,956 (2019/11/22 06:46:14時点 Amazon調べ-詳細)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-映画など映像作品の感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル