壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

プラモデルの話

セルフバックヤードツアーを見てきた【スモールワールズ TOKYOの感想Part3】

投稿日:2021年3月22日 更新日:

ジオラマの裏側を見られる!

かなり久々にスモールワールズ東京を見物してきました。

今回の目的は始まったばかりの「セルフバックヤードツアー」に参加することです。

もともとスモールワールズ東京には「バックヤードツアー」というオプションプログラムがありまして、ガイドの方の案内で各ジオラマセットの裏側を案内していただけるというものになっています。

料金は入場料の他に一人2900円かかります。結構いい値段ですね。

ただここ最近はコロナの影響もあり、なかなかこういうイベントは上手く稼働出来ないというのが現状のようです。

そこで今回始まったのは、ガイドが付き添わず”セルフ”でバックヤードを回ってもらおうという企画だそうです。

しかもありがたいことに、本サービス稼働前の4月21日までは参加費無料とのこと。実にありがたい(苦笑)※本サービス開始後は一人1000円です。

と言うわけで早速申し込んでみた次第です。

あくまで体験版?と言うことなのかしら

予約した時間に指定場所へ行くと、iPadを渡され説明を受けました。バックヤードへ入るための扉の位置を指示され、iPadを使って解錠するとのことです。

あまり詳細は書きませんので、参加する方は現地でお確かめください。いろいろ説明がありますので、聞き流さずにしっかり聞きましょう。

今回見ることが出来たのは関西国際空港エリアと、世界の街エリアの2カ所のバックヤードでした。個人的には第三新東京市の地下とか見てみたかったのですが、そこはツアーエリアに含まれていませんでした。本稼働時にそちらへも行けるようになるのかは不明ですが、あまり期待はしない方がいいかもしれません。大きな可動部分があるところは付き添いなしでは危ないですからね。

セルフではない通常のバックヤードツアーだとそのあたりも見られるそうですので、どうしても見たいという方は通常のバックヤードツアーに申し込まれるのがよろしいかと思います。

これまでとは違う角度でジオラマを見られますのでなかなか新鮮です。裏からだとスタイロフォームが積み重ねられているのがよく分かります。通路は割と狭い箇所もあり、足下注意です。

こちらは関西国際空港エリアの裏側

離陸した飛行機が収納されて、着陸側へ移動していくのが見られます。

あと、解説の方によるとどこかに謎解きの問題が掲示されていたらしいのですが、私がバックヤードに入った際にちょうど夜のターンに入ってしまい、全体的に暗くてどこに掲示があったのかよく分かりませんでした。

まあ自分は謎解きにはあまり興味なくて、あくまでジオラマを見に行ったので気づかなくても特に問題はないのですが、これから行かれる方で興味のある方は注意深く探された方がよろしいかと思います。

そのほかの展示物の話

久しぶりに行ったので宇宙エリアがどの程度出来ているのか楽しみだったのですが・・・・・・

大分進んでました。でも正式オープンまではまだ結構かかりそう。

なんかプロモーションアニメとか流れてました。アート引越センターの存在感が半端ないです(苦笑)

他のエリアも以前はなかった建物が増えていたり、セーラー戦士も増えてましたよ。おそらく映画のプロモーションを兼ねていたんでしょうね。

アリス・ギア勢もチームバーベナがたたずんでました。

行く度に少しずつ展示が増えており、新しい発見があるのが楽しいところです。次は宇宙基地が完成したらまた見に行こうと思っています。







-プラモデルの話
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル