壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S6第22話「過信」あらすじや感想など

投稿日:2021年11月19日 更新日:

シーズン6 第22話(通算146話)「過信」”Valiant”のあらすじ

連邦がグランドネーガスに宛てた外交文書を運ぶため、ノーグとジェイクはフェレンギ星へと向かっていた。しかしジェム・ハダー艦に遭遇してしまう。

危機一髪、彼らは通りかかったディファイアント級の戦艦ヴァリアント号に助けられる。

その艦はエリート候補生レッド・スクワッド達が動かしていた。

本来の艦長だったラミレス艦長が戦死して以降、候補生のワターズが指揮を引き継いで独自に行動していたのだ。

ワターズは人手不足のヴァリアント号の技術主任にノーグを抜擢、ディファイアントに慣れているノーグは艦の不具合を的確に調整する。

しかしワターズを筆頭にレッド・スクワッドの面々は自分たちを過信していた。

そしてドミニオンの新型戦艦に挑むという自殺行為に等しい作戦を始めてしまう。ノーグも感化されて賛同し、無謀だと批難したジェイクは独房に拘禁されてしまう。

作戦は失敗し、艦は破壊された。

脱出ポッドも殆どが破壊されてしまったが、ノーグとジェイク、それにワターズの副長だったファリスの3人だけがディファイアントに救助された。

この惨状でもなおファリスはワターズのことを英雄だと称えるが、ノーグはワターズのことを、艦長としては失格だったと断じるのだった。

補足情報や感想など

  • 候補生が臨時で指揮を引き継いで以降、艦隊と連絡も取らずに独自に任務を継続している。と言うことが語られる辺りで、もうキナ臭さが半端ないです。これは絶対にろくな結末にならないのがミエミエです
  • エリート候補生達の描き方も類型的過ぎてイマイチですね。パターン通り過ぎました
  • この状況でよくノーグやジェイクのポッドだけ助かったものです。脱出ポッドを執拗に撃ち落とすジェム・ハダーは恐ろしかったですが、もう少し他にも助かるポッドがないと不自然すぎますよぉ

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。