壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S3第5話「恐るべき過去」あらすじや感想など

投稿日:2021年7月23日 更新日:

シーズン3 第5話(通算51話)「恐るべき過去」”Second Skin”のあらすじ

10年前、カーデシアのエレムスパー収容所にキラが収容されていたという記録が発見される。だがキラ自身にそのような記憶は無かった。キラはその記録がでっち上げであると確信するが、疑問が拭えないため調査を進める。

だがベイジョーへ向かったキラは、気がつくとカーデシアにおり、鏡に映る顔はカーデシア人になっていた。

キラをさらった諜報員のエンティックによると、キラの本名はイリアナ・ゲモールで、オブシディアン・オーダーの秘密工作員だというのだ。記憶を塗り替えてベイジョー人として潜入していたという。

当然キラはそれを信じなかったが、父親と名乗るレガート・テケニィ・ゲモールはキラに優しく接する。レガートはキラが本当に自分の娘だと信じているようだった。また彼は中央司令部のメンバーだった。

一方、キラがカーデシアに誘拐されたと気づいたシスコは、ガラックを無理矢理巻き込んでカーデシアへ向かう。途中マキを警戒するカーデシア軍に発見されるが、ガラックの機転により潜入は成功する。

レガートは一向に記憶が戻らない娘が拷問されるのを避けるため、彼女を逃がすために反体制派に連絡を取る。実はレガートはオブシディアン・オーダーに批判的な反体制派を影で支えていたのだ。

だがそれを知ったキラは全てが仕組まれていたことに気づく。

エンティックはキラがレガートの娘に似ていたことから、それを利用してレガートが反体制派であるという証拠を掴もうとしていたのだ。

エンティックの思惑は成功したかに思われたが、シスコ達が乱入し形勢は逆転する。エンティックはガラックに撃たれ、シスコ達はレガートも連れて脱出する。

レガートはマテナイト星に政治亡命することになった。

彼はキラを本当の娘のように感じ、母親の形見のブレスレットを託す。キラも彼のことを父親のように感じるのだった。

補足情報や感想など

  • 気がついたら敵対する国の人間になっていたというのは、TNGシーズン6第14話「ロミュラン帝国亡命作戦」と同じパターンですね
  • レガートがキラのために持ってきたベイジョー料理「ハスペラート」はTNGシーズン7第24話「惑星連邦”ゲリラ部隊”」でも登場した激辛料理です。TNGで登場したものはタコスかシャワルマみたいな感じでしたが、今回登場したものはちょっと違ってました。カーデシアのレプリケーターではちゃんと作れなかったようです
  • キラがカーデシア人なんて事はあるわけがないのですが、ひょっとしたらと思わせる演出の巧さがあって、良い感じの緊迫感が続きます
  • ガラックとエンティックは知り合いだったようです
  • レガートの娘イリアナは本当にベイジョー人になりすまして潜入しているそうです。レガートも消息は知りませんでした。つまりどこかにキラそっくりな女性がいるということですね
  • レガート氏はだいぶ後で再登場するお話があります。この人が本当にいい人だったのが救いですね
  • オブシディアン・オーダーの底知れない怖さが感じられますが、それと同様にガラックの底知れなさも感じさせる一遍でした。まあ、いまだにガラックの機密コードが有効なのはご都合主義ではありましたが

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。