壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S1第7話「超生命体 “Q”」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン1 第7話「超生命体 “Q”」”Q-Less”のあらすじ

ジャッジアの乗ったランナバウトがワームホールから帰還するが、エネルギー切れで危険な状況だった。

なんとかオブライエン達が救出するが、中にはピカードの友人のバッシュが乗っていた。”Q”と共に旅立った後、ガンマ宇宙域で2年間も放浪していたらしい。

オブライエンはランナバウトを検査するが故障は全くなく、ただエネルギーだけが吸い取られたように失われていた。

そして同様のエネルギー低下がDS9にも起こり始める。

一方バッシュの元に”Q”が現れる。どうやら”Q”とバッシュは意見の相違から仲違いしてしまったらしい。

オブライエンから”Q”のことを聞いたシスコは”Q”に退去を要請するが、”Q”がそんな要請を聞くはずもなかった。

バッシュはクワークと組んでオークションを開催しようとしていた。バッシュはガンマ宇宙域から盗掘同然で多くの商品を持ち込んでいたのだ。

しかしステーションのエネルギー流出はさらに悪化し、ステーション崩壊の危機が迫る。

エネルギーを吸い取っていたのは、バッシュが持ち込んだクリスタルだった。それは実は未知の生命体の卵だったのだ。

ステーション外に転送されたそれは幼生体へと孵化し、ワームホールへと消える。

バッシュはデイストローム研究所へ戻ることにするが、”Q”との冒険に対する興味も未だ失ってはいないのだった。

補足情報や感想など

  • 毎度お馴染みの”Q”がDS9に出張です。米本国の初回放送時は、この話が放送された翌週放送のTNGの方でも”Q”が登場します(TNGシーズン6第15話「運命の分かれ道」
  • バッシュはTNGシーズン4第20話「QPID」以来の登場です。ちなみにその回にはオブライエンの方は登場してません。よく顔を覚えてましたね(苦笑)
    あと吹き替え担当声優が小山 茉美さんから塩田 朋子さんに変わっています。塩田さんは「ディスカバリー」でジョージャウの声も担当していらっしゃいます
  • 全くの余談ですが塩田朋子さんの素顔はジョージャウ役のミシェル・ヨーさんと結構雰囲気似てますよねぇ
  • 「艦長の好みとは思えない」と、ピカードの女性の好みがこんなところにまで筒抜けに!(苦笑)
  • ”Q”が「ウォーターゲート事件」は面白かったと茶化してますが、吹き替えでは「湾岸戦争」に変わってます。何かマズかったのかしら?
  • ”Q”はやはりピカード艦長と絡むのが一番面白いなぁというのが正直な感想です。どうもシスコとは相性が悪い(苦笑)

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。