壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S7第24話「惑星連邦”ゲリラ部隊”」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン7 第24話(通算176話)「惑星連邦”ゲリラ部隊”」”Preemptive Strike”のあらすじ

カーデシア境界の非武装地帯にやってきたエンタープライズ。折しも上級戦術訓練のため艦を離れていたローが帰還する。彼女は大尉に昇進していた。

救難信号をキャッチしたエンタープライズが現地に向かうと、そこにはマキの小型船に襲われているカーデシア船の姿があった。

エンタープライズは威嚇してマキ船を追い払うが、カーデシアのガル・イベック司令官はピカードに大いに苦情を入れてくる。

さらにナチェフ中将がエンタープライズにやってくる。中将はマキの実態を掴むため潜入捜査を行うよう命じ、潜入員としてロー大尉を指名してくる。ベイジョー人の彼女なら怪しまれる危険は少ないのだ。

ロー大尉はマキに同情的だったが、恩のあるピカードに報いるため任務を引き受ける。

首尾良くマキに潜入したローはエンタープライズから医療品を大量に盗んで見せて、マキのメンバー達からの信頼を得る。

ピカードはマキを一網打尽にする罠を仕掛けることにするが、ローは徐々にマキに情が移り初めてしまう。

ローはそれでも任務をやり遂げるつもりだったが、親しくなったマシアスという老人がカーデシアゲリラに殺されたことでローの決意はゆらぐ。

ローは土壇場で艦隊の罠を暴露し、マキの船を逃がしてしまう。ピカードの作戦は失敗したのだ。

マキと共に行くことを決めたローは、艦長に一言だけ伝言を残す。

ごめんなさい…と

補足情報や感想など

  • DS9と思いっきり関連性のあるエピソードです。TNGの中で内容的に最もDS9に近いお話なのでは
  • ロー少尉は全然出てこないと思ったら研修中だったんですね
  • 日本語吹き替えだと”マキ”と呼ぶべきところが“ゲリラ”にされています。日本ではDS9の関連エピソードが放送されるのは新スタートレックからだいぶ遅れますし、DS9を見ていないと分からない ”マキ” の名称を使うのは避けたのでしょう
    ※マキについてはDS9シーズン2第20話「戦争回避 パート1」を参照
  • ガル・イベックは非武装地帯担当なので両方のシリーズにちょくちょく出てきますね(あとでVOYにも出てきます)敵側ではありますが、ストレスが多そうな貧乏くじポジションだなぁとは思います(苦笑)
  • ローの心情が痛いほど分かるため、終わり方が物凄く切ないです……

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル