壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S2第8話「錯綜した美学」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン2 第8話(通算34話)「錯綜した美学」”A Matter of Honor”のあらすじ

艦隊の交換派遣プログラムにより、ライカーがクリンゴン艦パーグ号に派遣されることになった。クリンゴン艦に艦隊の士官が乗り込むのは前代未聞であった。

一方エンタープライズに派遣されてきたベンザイト人のメンドン少尉は自信過剰なところがあり、クルーとは今ひとつ馴染めなかった。

そんな中、正体不明の微生物がクリンゴン艦の外壁を食い破り穴が開いてしまう。カーガン艦長はこれがエンタープライズからの攻撃だと考え攻撃態勢に入ってしまう。

エンタープライズにもバクテリアが付着していたため、危険を伝えるためにパーグ号を追ったが、それがかえってカーガン艦長の戦う意思を固めてしまう。

ライカーは事前に渡されていた送信機を使ってカーガン艦長を捕虜にし、パーグ号の指揮を掌握して戦闘は回避される。

バクテリアは除去されるが、カーガン艦長の怒りを買ったライカーは副長の任を解かれエンタープライズに帰還するのだった。

補足情報や感想など

  • クリンゴンのゲテモノ料理フルコースをパクパク平らげるライカーが頼もしい! 今回は終始ライカーがカッコイイです
  • クリンゴン艦の食堂でのシーンとかクリンゴンの女性士官登場とか、これまで(TOSも含めて)あまり描かれていなかったクリンゴンの生活や文化の描写が多くてとても興味深いです。というかTOSの頃はクリンゴンの描写って想像以上に少ないんですよねぇ
  • クリンゴン艦に派遣されることに対して「私だったら怖くて嫌だ」と率直なオブライエンが好感持てます
  • カーガン艦長がエンタープライズに転送されてきた際のクルーの動きが良いですね。データが素早くピカードを守り同時にウォーフが攻撃しており、役割分担が徹底してます
  • クリンゴンのクラーグ中尉はライカーと信頼関係を結びましたね。良いポジションのキャラクターでした

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル