30MM

【30MM】エグザビークル第2弾!タンクVer.(とラビオットウエポン)を買ってきた【レビュー】

投稿日:

次は戦車だ!エグザビークル!

バンダイの「30 MINUTES MISSIONS」の新製品「エグザビークル・タンクVer.」「ラビオット用オプションウエポン1」を買ってきました。

前回のエアファイターが空戦アルトのパーツを流用した戦闘機だったのに対し、今回は陸戦アルトのパーツを流用した戦車です。

作ってみた感じ、これまでとは少々趣向を変えてきているような印象を持ちました。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥915 (2020/08/10 01:02:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥550 (2020/08/10 05:08:33時点 Amazon調べ-詳細)

今回のランナー構成

まずはタンクVer.

陸戦アルトからの流用は意外と少なく、転輪と履帯のランナーのみが流用で残りは新規パーツです。キャタピラの外装は完全新規で、凸型に形状が変更されています。

つまり前のままのキャタピラパーツが欲しい場合は結局陸戦アルトの方を買い足すしかありません……

こちらはラビオット用オプションウエポンのランナーです

新規の武器ランナーと、ラビオット付属の武器ランナーがそのまま同梱されています。元の武器ランナーはもともと小さかったですからね。おかげでアルトやポルタのオプションウエポンと異なりバックパックも付属しています。コレは嬉しい。

アルトやポルタのオプションウエポンは箱売りでしたので、今回もてっきり箱売りだろうと思っていたのですが、袋売りだったので驚きました。店頭で探すときにはお間違えの無いように御注意を。

さて、今回もパーツ構成や組み替えについてはバンダイ公式のブログ(こちら)が細かくレビューしていらっしゃいますので、例によって組み替えの詳細はそちらをご覧頂く方がよろしいかと思います。

ともあれ、組み立てて遊びましょう

まずはタンクから。

大きな車体があるわけではなく、小さなパーツが寄り合って車体を形成しています。なかなか面白いパーツ構成です。分解して遊んでくれと言わんばかりの組み合わせという印象です。

エアファイターに比べると細かいパーツは少ないのですが、エアファイターが単独の戦闘機としても遊びやすい作りだったのに対し、こちらはロボットとの組み合わせをさらに重視しているように感じます。

そのせいかは分かりませんが、なんか単体で遊んでもエアファイターに比べて面白みが薄いんですよね~(苦笑)

と言うわけでアルトと組み合わせてみます。

公式の組み合わせですと足首から下を小型キャタピラに換装するのですが、ここはあえてエアファイター付属のローラー脚にしてみました。この方がスッキリしてカッコイイ気がします。

まあ「蒼き流星SPTレイズナー」に登場した地球製SPT「ドール」そのものと言ってしまえばそれまでではありますが……


(画像引用元:HOBBY SEARCH https://www.1999.co.jp/10022820)

小さいキャタピラが余ったのでランナーで繋げて大型クローにしてみました。

コレはまだ他に活用の可能性がありそうですね。

一方、ラビオットウエポンには新規の胴体パーツが付属しているのですが……

背面のデザインはアルトっぽいですが、正面側はどう見てもデザインラインがバイロン寄りです。

やっぱりバイロン陣営向けという感じですね。違和感がなさ過ぎます。

また、オプションウエポンには大型の剣が付属していますので……

と、なればやっておきましょうサンライズパース!(勇者パースとも言う)ちょっとサイズ不足は否めませんが雰囲気は出ているかと。

機体の方はラビオットとシエルノヴァとエアファイターを組み合わせて大張メカっぽく肩を怒らせて脚を大型化しておきました。

ちなみに、この剣は付属のパーツだと持つところがとても短いですので、アルトウエポンかポルタウエポンから持ち手のパーツを流用してやるととても持ちやすくなります。

両手持ちをさせる際にはこの方がよいと思います。

勇者ロボや大張メカの最終決戦と言えばやはり月面なのです(笑)







-30MM
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル