壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味・雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

01.宇宙大作戦(TOS・TAS)

宇宙大作戦:S2第22話「宇宙300年の旅」あらすじや感想など

投稿日:2021年2月24日 更新日:

シーズン2 第22話(通算51話)「宇宙300年の旅」”By Any Other Name”のあらすじ

救難信号を受けてとある惑星にやって来たカーク達の前に、ケルバ星のロージャンと名乗る男が現れる。

ロージャンはアンドロメダ銀河から移住先の調査にやって来たという。元々はヒューマノイド型ではなく触手型の生物であるらしいが、船を奪うために人間の姿を得たらしい。

彼らは故郷に帰るためにエンタープライズを奪おうとしていた。彼らならエンタープライズを改造しアンドロメダまで300年で到達する性能に出来るという。

ケルバ人達は神経光線でクルーを行動不能にし、あっという間にエンタープライズを乗っ取ってしまう。彼らはいずれ銀河を征服するつもりらしい。

改造の終わったエンタープライズは銀河外周へ向かう。その速度はワープ11という驚異的な速度だった。

船は銀河外周のバリアを抜けて銀河の外へ出る。

ケルバ人達はカーク・スポック・マッコイ・チャーリーだけを残し、他のクルーは航行に不要として全て結晶化してしまう。

だがケルバ人達は人間の体を得たことで、元々持っていなかった人間の感覚や欲望を持つようになっていた。それに気付いたカーク達はケルバ人達に人間的な生活を教え込んでいく。

最初は反発したケルバ人達だったが、人間の考え方に順応した彼らは、300年かけて故郷に戻るよりもカーク達人間と友人になることを選び、銀河系内の星で平和に暮らすことにするのだった。

補足情報や感想など

  • 日本での初回放送時は通算第50話にあたるエピソードです
  • 他の銀河に行くのに300年で済むというのはかなりの性能ですね(アンドロメダまでは250万光年の距離があります)宇宙戦艦ヤマトのように他銀河まで1年で往復するなんてことはスタートレックのワープでは出来ません(たまに例外はあります)
  • およそ100年後の船ヴォイジャーでも銀河系(直系およそ10万光年)を横断するのに最高速度で70年以上かかります
  • ケルバ人達が乗ってきた宇宙船は銀河外周のエネルギーバリアに破壊されてしまったそうです。エンタープライズもこのバリアには「光るめだま」の回で一度遭遇しています。これのせいで人類は銀河から外へ出ることが出来ないのです(たまに例外はあります)
  • 今回の死亡者は女性の上陸班員トンプソンさんでした…
  • 終わり方はちょっと唐突ですね。急にケルバ人の物わかりがよくなりすぎです

目次ページはこちら







-01.宇宙大作戦(TOS・TAS)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル