壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

スタートレック(TOS)

宇宙大作戦:S1第7話「コンピューター人間」あらすじや関連情報など

投稿日:2020年12月25日 更新日:

シーズン1 第7話「コンピューター人間」”What Are Little Girls Made of?”のあらすじ

5年前に消息を絶った著名な科学者、ロジャー・コービー博士の捜索のため、エンタープライズはエクソ3号星を訪れる。

過去二回行われた捜索ではコービー博士は発見できなかったが、エンタープライズはコービー博士との通信に成功する。

カークはコービー博士のフィアンセであるクリスティンを同行して上陸する。

だが予定の地点に博士が現れないため、カークは保安部員を呼び寄せて地下洞窟の探索を始める。

カーク達の前にコービー博士の助手のブラウン博士が現れる。だがカーク達が気をそらした隙に保安部員は崖下に転落してしまう。ブラウン博士は事故だろうと言うが、実際には謎の大男が突き落としたのだった。

カーク達はコービー博士とアンドレアという女性に出会う。

だがエンタープライズと連絡を取ろうとしたカークに対してブラウン博士はフェーザー銃を向ける。戦闘の末ブラウン博士はフェーザーに撃たれるが、彼は人間では無くアンドロイドだった。

カークは大男に捕らわれてしまう。大男はラックという名前のアンドロイドで、滅んだ文明の遺物だった。

コービー博士はカークを複製したアンドロイドを作成する。博士は密かにアンドロイドを量産し社会に浸透させることを計画していた。

隙を見て逃げ出したカークだったが再びラックに捕らえられてしまう。エンタープライズには偽カークが侵入するが、カークの態度に不審を抱いたスポックは上陸班を編制する。

カークはラックの思考の矛盾を突いてコービー博士と対立させ、コービー博士はラックを破壊する。実は本物のコービー博士は既に死んでおり、ここに居たのは博士の精神を複製したアンドロイドだった。

女性アンドロイドのアンドレアはコービー博士に対する愛情を抱き始める。しかし愛情に対する思考の矛盾でパニックになった博士は、アンドレア共々フェーザーで自分たちを破壊してしまう。

補足情報など

  • 日本での初回放送時は第4話にあたるエピソードです
  • エクソ3号星は太陽の衰えにより気温が下がり続けている。この星に元々あった文明は太陽の衰退に伴い地下へ移ったらしい
  • 保安部員が上陸してきた時点で(ああこの人達死ぬな…)と予感がしますが、その予感は的中します(苦笑)
    お亡くなりになったのはレイバーンとマシューズの2名です
  • 後の「データ」とは別系統の技術によるアンドロイドのお話というわけですが、人命尊重の原則は組み込まれていないようです。
    アシモフの「ロボット三原則」はこの作品よりも少し前に発表されていますが、まだあまり浸透していなかったようです。
  • 「コンピューター人間」という言い方がなんとも時代を感じます

目次ページはこちら







-スタートレック(TOS)
-

執筆者:





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル