壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

関連作品

【ST関連作品】宇宙探査艦オーヴィル:S1第11話「異次元への挑戦」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン1 第11話「異次元への挑戦」”New Dimensions”のあらすじ

ニュートン機関長が転属することになり、後任としてジョンの名前が挙がる。

しかしジョンは知能試験の結果は抜群なものの、勤務態度やイタズラ好きな態度には大いに問題があり、エドは頭を悩ませる。

突然、艦が空間異常に接触し量子ドライブが作動しなくなってしまった。

ケリーはこの件の調査をジョンに任せることを進言するが、その際にうっかり口を滑らせ、エドが艦長に就任出来たのはケリーが提督に口をきいたからだとバレてしまう。自分の実力が評価されたと思っていたエドの失望は大きかった。

ジョンの方はといえば彼に出世欲はなく能力を活かすことに消極的だったが、とりあえず今回の空間異常調査の指揮を任されることになった。

そんな中、ホルバラックの密輸船がこの宙域を通りかかる。密輸船はエドが止めるのも聞かずに空間異常に正面から突っ込み、船長のブラヴァロックは死んでしまう。

密輸船の積み荷を調べると、それはクリルのプラズマライフルだった。クリルから盗んだ物だとすれば、遅かれ早かれクリルが追ってくるのは必至だ。エドはエンジンの修理を急がせる。

ジョンの調査で空間異常が2次元への入り口であることが判明した。異なる次元を通過することで細胞構造が壊れ、中の生物は死んでしまうのだ。

だが量子エンジンが直る前にクリルの戦艦が迫ってくる。

そこでジョンは量子バブルで艦を包んで艦を守りつつ、空間異常の中に隠れることを提案する。

作戦は成功するが量子バブルが不安定になり、徐々に艦は2次元に潰されそうになっていく。更に出入り口が閉じてしまい脱出も出来なくなってしまった。

しかしジョンとエドの活躍により艦は2次元空間から抜け出す事に成功する。この活躍を評価し、エドはジョンを機関長に就任させることを決める。

同時にエドはジョンの能力を見抜いたケリーへの信頼を取り戻し、自分を艦長に推薦してくれたことにも素直に感謝するのだった。

補足情報や感想など

  • この作品のスタッフにはスライムフェチな人がいるようですな……
  • 頭の良さと指揮官としての適性は全く別物だと私も思います(実体験)
  • 二次元に入れる入り口とか、一部の趣味の人達からしたら最高ですね(苦笑)まあ対策なしに入ると死んじゃいますが
  • 二次元世界の描写は、二次元というより「グリッドマン」のコンピューターワールドとか「トロン」みたいな感じでしたな(最近だと「ドンブラザーズ」の戦闘空間とか)
  • 「ドクター・フー」の電話ボックスとか「スヌーピー」の犬小屋は分かりやすいですね。オスカーのゴミ箱は「セサミストリート」から。このネタを日本風に言うなら「ドラえもん」の4次元ポケットかな
  • ここまでろくでもないイタズラ坊や(苦笑)だったジョンが、ラストシーンでは完全に一皮むけて頼もしさを感じるようになったのは大きいです。こういうキャラクターの成長エピソードは見ていて気持ちが良いです

オーヴィルの目次ページはこちら







-関連作品
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。