壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

05.エンタープライズ(ENT)

スタートレック・エンタープライズ:S3第13話「アンドリア人の協力」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン3 第13話(通算65話)「アンドリア人の協力」”Proving Ground”のあらすじ

キモサイト輸送船の痕跡を追っていたエンタープライズは空間異常に飲まれてしまうが、危ういところをアンドリア船に救われる。それを指揮していたのはシュランだった。

どうやらアンドリア政府は地球側との同盟を考えてエンタープライズに援助を送って来たらしい。アーチャーはその真意を計りかねたが、友人シュランとの再会には素直に喜びを見せる。

シュランの協力のおかげで、アーチャー達はズインディの兵器実験場を発見した。新兵器のテストは最終段階にさしかかっていた。

アーチャーとシュランはこの実験兵器を、破壊するのではなく奪い取ろうと考える。作戦は成功しアンドリア船は兵器を収容することに成功するが、そのままエンタープライズを置き去りにしてアンドリアへと進路を取ってしまう。

実はアンドリア防衛軍はこの兵器を横取りして、自分たちの戦力増強をしようと狙っていたのだ。シュランの裏切りにアーチャーは憤慨する。

アンドリアに兵器を持ち帰らせることを防ぐため、アーチャーは入手していた起動コードを使って兵器を自爆させる。アンドリア船は大きなダメージを負ったものの、かろうじて無事だった。

アーチャーは彼らに救援の手を差し伸べようとするが、シュランはそれを丁重に断った。

別れ際、巧妙に隠された暗号通信がエンタープライズに入る。それは兵器を詳細にスキャンした分析データだった。

まだ友情が失われたわけではないことを知ったアーチャーの顔には、笑みが浮かぶのだった。

補足情報や感想など

  • やっと兵器探索の続きに戻ります
  • アンドリア船はあっさりとデルフィック領域を突破して追いついて来ましたよ。んな随分と簡単に
  • どうもスタッフはデルフィック領域という設定を扱いかねている感じがしますね
  • 命令に従って動いているものの、本心ではアーチャーを裏切りきれないシュランのキャラクターが生きたお話でした。やはり彼の登場する話はハズレ率が低いです
  • まあそれはともかく、アンドリア人が登場するシーンは無意味に動く触覚が気になって気になって仕方がありませんでしたわ!(苦笑)

エンタープライズの目次ページはこちら







-05.エンタープライズ(ENT)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。