壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

05.エンタープライズ(ENT)

スタートレック・エンタープライズ:S2第7話「封印された記憶」あらすじや感想など

投稿日:2022年3月6日 更新日:

シーズン2 第7話(通算33話)「封印された記憶」”The Seventh”のあらすじ

エンタープライズはバルカン最高司令部からの指令により、パーナイア星系へと向かうことになった。

トゥポルに何らかの秘密任務が下されたためだ。

最初は詳細を明かさなかったトゥポルだが、任務遂行のためアーチャーにはその内容を語る。

かつて彼女が逃がしてしまったバルカンの秘密工作員メノスが、逃亡の末この星系に潜んでいるというのだ。元々は密輸組織に潜入していたメノスだったが、今では自らが密輸業者となって暗躍しているらしい。

しかしトゥポル自身、なぜか当時の記憶は曖昧だった。

アーチャー達は酒場で首尾良くメノスを捕らえるが、酒場のシャトルデッキが一時的に使えなくなってしまったため足止めを食らう。

出発を待つ間、メノスは密輸には手を貸していないと主張するが、トゥポルはそれを信じられない。だが実際メノスの船に密輸品は見当たらなかった。

徐々に彼女はメノスを逃がしてしまったときのことを思い出し始める。

実はトゥポルの記憶はバルカンの「フララ」という儀式により封印されており、その記憶が蘇ってきたのだ。それはメノスの仲間の、無実かもしれない男を射殺してしまった記憶だった。

だがトゥポルが混乱している隙に、メノスは酒場に火事を起こして逃走してしまう。

貨物船に潜んでいた彼を発見したアーチャー達は銃撃戦の末彼を捕らえ、隠されていた多量の密輸品を発見する。やはり密輸は行われていたのだ。

任務には成功したものの自分の心の弱さを思い知ったトゥポルは、それを補って支えてくれたアーチャーの存在に感謝するのだった。

補足情報や感想など

  • もっと何か裏があるのかと思ったら、特にそんなことは無くて結局メノスは密輸をやっていたというオチ。特に盛り上がりもなく終わってしまいました
  • トゥポルの内面掘り下げ回ではあるのですが、陰鬱な雰囲気なのも良くありませんし、バルカン人の設定もブレまくってて正直イマイチですね

エンタープライズの目次ページはこちら







-05.エンタープライズ(ENT)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。