壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S6第25話「待っている女」あらすじや感想など

投稿日:2021年11月21日 更新日:

シーズン6 第25話(通算149話)「待っている女」”The Sound of Her Voice”のあらすじ

任務を終え帰還途中のディファイアントはルサリアン星系からの救難信号を受信する。

その信号は受信することしか出来なかったが、オブライエンの努力で相互通信を確立する。

発信者は8年前に深宇宙探査に出たオリンピア号の艦長、リサ・キューザックだった。艦は未知のエネルギーバリアの調査中に墜落して遭難したというのだ。

彼女が墜落したのはLクラスの惑星で生存に適さず、ディファイアントが到着するまで彼女の命が持つかはギリギリだった。

生存のための投薬で眠れない彼女のため、シスコ達は通信を繋ぎっぱなしにして誰かしらが話相手になることにする。

明るく聡明な彼女とクルーの皆はすぐに友人になった。

そして惑星に到達したが、エネルギーバリアはディファイアントにとっても危険なため、シスコ達はシャトルでの救出を試みる。

だが地上で発見したのは、3年前に死んだと思われるリサの死体だった。シスコ達は過去の人間と通信していたのだ。

シスコは遺体を持ち帰り、手厚く葬ることにする。

皆は互いの友情を確かめ合いながら、リサに別れを告げるのだった。

補足情報や感想など

  • サブエピソードでオドーをペテンにかけるクワークが策士ですねぇ。途中から雲行きが怪しくなり、お約束通り最後に酷い目に遭うかと思っていたら、意外や意外オドーの友情に救われました。前回オブライエンを見逃した点といい、ここ最近のオドーは人間味が増して親しみが持てます。保安主任としては問題ありですが
  • ディファイアントのシャトルベイって艦底にあるんですね
  • リサ艦長が助からないだろう事は予想出来てしまいますね。声しか登場しないのに彼女の存在感がとても大きいです
  • 余談ですが時間を超えた通信というと、本作より後に作られた映画ですが「オーロラの彼方へ」なんて名作もあります
  • ほぼ会話だけで続く地味~~~なエピソードですし、最後もハッピーエンドではありませんが、とても心に染みるお話です。最後の葬儀が必要以上に暗くならず、前向きに終わるのも好印象です

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。