壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S6第19話「消された偽造作戦」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン6 第19話(通算143話)「消された偽造作戦」”In the Pale Moonlight”のあらすじ

ドミニオンとの戦いは多くの犠牲者を出し、連邦の敗色は日に日に濃厚になっていた。

シスコはこの事態を打開するために、戦争への不参加を貫いているロミュランを戦いに巻き込もうと考える。

だがロミュランを説得するためには、ドミニオンの勝利がロミュランにとって不利益になるという確固たる証拠が必要だった。

そんな中、ベタゾイド星がドミニオンに占領されたという知らせが入る。事態は切迫していた。

シスコはこの目的のためにガラックに協力を頼むことにする。

だがカーデシア内にいるガラックの協力者達は残らず抹殺されてしまう。ガラックからの通信が傍受されていたのだ。

そこでガラックは、ドミニオンによるロミュラン攻撃計画を偽造しロミュランを騙すことを提案する。それは明らかに非合法な行動だったが、シスコは計画に賛同する。

ロミュラン議会の親ドミニオン派議員ブリナクがウェイユンとの外交会議でスカーラ星系を訪れるのを利用し、ブリナク議員に偽の情報を信じさせてドミニオンを敵だと認識させようという計画だった。

この計画のために、シスコは艦隊の士官としてあるまじき違反行為を重ねていく。心にわだかまりを感じながらも、シスコはもはや計画を止めることが出来なくなっていた。

ブリナク議員がDS9を訪問するように手配し説得を試みるが、案の定議員は不参戦の意思を崩さない。そして偽造した「ドミニオンのロミュラン攻撃計画」を提示する。

しかしこの証拠が偽造品であることは議員に見抜かれてしまう。

これで計画は完全に失敗したかと思われた。

だが、帰国途中の議員のシャトルが爆破されたという知らせが入り、シスコは全てに気付く。

ガラックは最初から議員を暗殺するつもりだったのだ。

この謀殺をドミニオンの仕業と判断したロミュランは、ドミニオンに宣戦を布告した。結果としてシスコの目論見は成功したのだ。

嘘をつき、人を騙し、殺人の共犯をしてまで得た勝利は、シスコの自尊心を大いに傷つけた。

しかしシスコは確信していた。

アルファ宇宙域の平和のために必要であれば、自分は何度でも同じ事を繰り返すだろう。そこに一切の躊躇はない、と。

補足情報や感想など

  • ベタゾイド星は言うまでもなくディアナやラクサナさんの故郷の惑星です。ラクサナさんはすっかり登場しなくなってしまいましたが、無事なのか心配になります
  • 台詞ではベタゾイド星はアルファ・ケンタウリに近いようなことを言ってました。つまり地球にもかなり肉薄されていると言うことですね
  • ロミュランのシャトルがちゃんとウォーバードと類似したデザインになってるのが面白いです
  • ここ数話ほど諜報活動に関わるエピソードが続いていましたが、今回のエピソードはそれらの中でもとりわけ見応えがありました。
  • ただ本来ならこういう謀略はセクション31がやるべき内容ですよね。その辺はまだ設定が煮詰まってなかったのでしょう
  • 終始煮え切らないものを引きずっていたシスコでしたが、吹っ切れて覚悟を固めたのが事件の終わった後、と言うのがミソですね。でもまだ甘さが残っているようにも感じます。反省のための私的記録を付けてしまう辺りは特に
  • その点では、終始自分のやっていることを理解し、目的のための行動に徹していたガラックの方が明確にプロフェッショナルです。シスコが激怒するだろう事も全て予想通りだったのでしょう

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


  1. 時計 より:

    殺したな!→そうですよ! の何の躊躇もない返事がとても好きです
    ガラックの声優さんが変わらなくて本当に良かった

    DS9ではないですが、ディスカバリーの放映関係が残念な事になりましたね…
    ネトフリで大勢の方に視聴されたのが間違いなくシリーズ復活の一因ではあったと思うのですが、その大勢の方に後ろ足で砂かけるような真似しちゃって大丈夫なのかな?とちょっと思いました。

    • raccoon81920 より:

      ガラックは本当に良いキャラに育ったと思います。最初の方なんて殆ど登場してなかったんですけどねぇ。
      声優さんが変わらなかったのは私も本当に良かったと思います。

      ディスカバリーの方は……シーズン4見られるのいつになるんだろう(涙)
      パラマウントプラスがすぐに日本でも始まるというなら迷わず入るのですが。

時計 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。